お尻とパンツがもろ見え!「しゃがみ姿NG女」にならない対策3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人がしゃがむと、トップスとボトムスの間から背中がもろに見えてしまい、ときには、お尻や下着まで見えてしまうことがあります。

背中がまるで大きなお尻のように迫力いっぱいに見えるし、男性にそんな姿を見られたら”だらしない女”と即、烙印を押されてしまうことも……。

自分で気づかないうちに、まわりから引かれてしまわないように、後ろ姿も抜かりなくするには、どうしたらいいのでしょうか?

 【モテについてもっと読みたい方はこちら】

 

■1:しゃがみ方を一工夫変えてみて

しゃがんで物を拾ったりするとき、いわゆる“ヤンキー座り”のように、両足を開いて腰を低く落とすと、背中が伸びて下着なども見えやすくなります。このしゃがみ方はラクかもしれませんが、見た目にも品がないので、しゃがみ方を変えてみましょう。

両足を揃えたまま膝を曲げて、物は正面ではなく自分の真横から拾います。このときに、背中を伸ばしたまま姿勢のよい状態をキープすることがポイント。こうすれば背中が伸びて、お尻などが見えてしまうことがありません。

体勢はキツイですが、見た目の女らしさが格段にアップします。

 

■2:長めのトップスを着るとベスト

しゃがんで作業することが想定される日は、長めのトップスを選ぶようにしましょう。立ったときにお尻まで隠れる長さのタイプなら、しゃがんだときも背中が見えてしまうことは防げます。

ただしあまりにも長すぎると、しゃがんだときに服が床についてしまい、これまただらしない印象を否めませんので、ご注意を!

 

■3:適したショーツを選ぶとよい

夏など、背中が見えるのはもう諦めた場合、ショーツはローライズタイプを選んで、ボトムスから下着が見えるのだけは、避けるという手もあります。

あるいは、スパンコールやちょっと派手なデザインの“見せショーツ”をあえて履いて、下着っぽさを軽減するという方法もあります。

 

女性同士なら「見えてるよ」と気軽に注意できることでも、もし男性に見られていたら、かなりの一大事です。知らないところで男性に”バツ印”をつけられないためにも、ちょっとした心がけを忘れずにしておきたいですね。

 

【関連記事】

実年齢よりも「後ろ姿年齢」がオバ化する背中老いのNGポイント

ショック!後ろ姿だけで即「男性陣からお断りされる」女子の特徴

こりゃモテないわ…密かに周りが感じてる「彼氏ができない」ワケ

残念女子になってない?「第一印象最悪な人」がやりがちな特徴4つ

※ 【動画あり】普通すぎるポロシャツをオシャレに着こなす簡単テク