コレみんなやってるでしょ!実は怖い「夏バテを招く」NG生活習慣

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もともとの夏バテは、暑さにより身体が疲れてしまうことが原因でしたが、現代の夏バテは、冷房による屋内外の温度差が、身体の負担になってしまうことも大きな理由に挙げられます。 

例えば暑い時、素肌や素足で急に冷房の効いた部屋に出入りしたら、体温調整のために、自律神経がフル回転することに。そうして食欲不振や倦怠感、さまざまな心身症状が現れるのです。

夏バテしないために、この温度差をどう乗り切るかが大切。以下のような生活習慣は、夏バテしやすい身体を作ってしまいます。あなたも当てはまっていませんか?

 

■1:水を飲みすぎる人は注意!

水分補給は欠かせませんが、水だけを大量に飲み続けると、血液が薄まり、むくみの原因になったり、水太りや身体のだるさを引き起こします。

水分補給はこまめにしましょう。冷たい水を大量に飲むのももちろんNG。胃腸を冷やし、消化機能が落ちてしまいます。

 

■2:毎晩シャワーだけはNG

夏は意外と、クーラーや冷たい飲み物で身体は冷えているのです。毎日シャワーだけだと、暑い時に汗が出にくくなり、バテやすくなってしまいます。

入浴することで汗をかき、冷えと疲れを取り去ることが大切。

 

■3:サンダルに素足は冷えの原因に

夏は、サンダルに素足というのは涼しげでよいのですが、長い電車移動やドライブなどで「寒っ!」という経験ありませんか? 

足は汗腺が多く汗をかきやすいため、熱の放出量が多く身体よりも先に冷えてしまいます。足が冷えると血流に影響し、むくみや全身の冷えの原因に。靴下を持ち歩いたり、サンダルは屋外だけにするなどの工夫が必要です。

 

■4:ビールで水分補給にはならない!

ビールで水分補給というのは間違いです。アルコールには利尿作用があるので、かえって水分を奪ってしまいます。飲酒後には、たっぷり水分を摂りましょう。

 

■5:夜寝る時間が遅いと体力低下を招く

夏に夜更かしが続くと、睡眠が浅くなったり睡眠時間が短くなったりと、体力が落ちてしまいます。身体の疲れがたまりやすく、だるさや消化不良が起こります。気をつけましょう。

 

身体が冷えやすい人やストレスが多い人、運動をしない人、冷たいものが好きな人は、夏バテしやすいといえます。夏バテしたと気づいたときには、早急に回復することはできませんから、普段の生活習慣から見直し、体力をつけていきましょう。

 

【関連記事】

暑い時こそ脂肪をバンバン燃やす!あのドリンクのスゴイ効果8コ

水だけじゃダメ!? 熱中症対策のウソ&ホント

あなたもヤバいかも?「歯の夏バテ」を放っておくと隠れむし歯に

女性必見!この時期危険が一気に上がる意外な病気とは?

※ 【動画あり】普通すぎるポロシャツをオシャレに着こなす簡単テク