日焼け止めを忘れちゃう「色白さんの老化スピード」は異常に早い

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白い肌は、憧れの的。でも、「日に当たっても、赤くなって白く戻るから大丈夫」と思っていると危険! 白い肌だからこそ、肌の老化が早くなってしまう恐れがあるのです。

今回は、色白さんが紫外線で老けやすい理由と、日焼け対策に迫ります。

 

■メラニンが少ないと肌は老化する事実

肌の色は、メラニンの量で決まります。メラニンの量が少ないほど、肌の色は白くなります。肌の色を黒く見せ、量が増えるとシミやそばかすの原因になるメラニンは、どうしても嫌われがち。

でも、実は肌の老化を守る重要な働きも担っているのです。

紫外線を浴びると、メラニンが作り出されます。それは、メラニンが紫外線を吸収して、真皮など肌の深い部分までのダメージを防ぐためです。真皮には、コラーゲンやエラスチンなど、肌のハリや弾力をもらたす重要なものが備わっています。そこに紫外線が入り込むと、それらが破壊されて肌が老化してしまうのです。

そんな重要なメラニンですが、色白さんはメラニンを作り出す力が低いので、紫外線のダメージを受けやすくなります。 肌の老化だけでなく、皮膚ガンのリスクも高まってしまうのです。欧米人に皮膚ガン患者が多いのは、そのためです。

日焼けしても白く戻るからといって、日焼け止めを塗っていない色白肌さんは危険ですよ。

 

■この夏おすすめの日焼け止め2つ

日焼け止めを塗りたくない理由に、つけ心地の悪さが挙げられます。皮膚を覆い圧迫する感じがする”被膜感”がイヤだったり、ベタベタするのが気になったり。心地よい日焼け止めを選ぶには、原材料、紫外線カット力、保湿力、香り、使用感をしっかりとチェックしましょう! では、筆者おすすめの日焼け止めを紹介します。

(1)『カモミール&アロエベラサンローション(SPF25/PA+++)』

こちらは芸能人にも愛用者が多いオーガニックコスメブランド、ニールズヤード レメディーズの日焼け止めです。ウォータープルーフなので、 汗かきさんやレジャー時におすすめ。英国ソイルアソシエーション認定のオーガニックコスメなので、肌への負担も少ないです。つけ始めは白いですが、なじませると透明に。下地効果もありますよ。

(2)『ナチュラル UVボディガードクリーム SPF32 PA+++ 』

日焼けしたスヌーピーのパッケージがかわいい日焼け止め。精油のシトロネラを配合しているので、虫よけ効果もあるのです。虫が嫌いな香りですが、スパイシーな柑橘系のいい香りです。さらっとなじんで、つけ心地がよく、化粧下地としても使えます。ヘアメイクさんや芸能人も愛用していますよ。

 

紫外線のダメージは恐ろしいもの。色白の方でも健康的な肌色の方でも、毎日欠かさず塗りましょうね!

 

【関連記事】

※ 【動画あり】普通すぎるポロシャツをオシャレに着こなす簡単テク

グルテンフリーダイエットの盲点!「全く摂らないのは損」な理由

1日たった86円で若さに差がつく!セレブが愛用したスーパー美容成分とは

シミには夜の集中ケア!透明肌に導く夜用・美白美容液

色白キープは今が分かれ道!「うっすら日焼けを阻止する」美白対策