ありのままの自分に!疲れた心を「スッキリ軽くする」究極癒しテク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事に家事、育児……。慌ただしい毎日の中で落ち込んだり、ときには心が折れそうになることもありますよね。そんなとき、「頑張らなきゃ」と自分にムチを打っていませんか? 

心もカラダも悲鳴を上げる前に、心をスッキリ軽くする癒しテクをご紹介します。

 

■その疲れ、放っておくとどうなる?

私たちが感じる、心やカラダの疲れ。さらに、最近ではストレス過多によって、脳が正常な機能を果たせなくなる脳疲労も問題視されています。

溜まった疲れを見て見ぬフリをすることで、肌荒れ、眠れない、食欲不振などから、うつ病や自律神経失調症など、様々な不調や病を引き起こす原因となるのです。そうなる前に、下記では対処法をお伝えしていきましょう。

 

■ありのままを受け入れる

映画『アナと雪の女王』とともに大ヒットした主題歌『Let It Go』。その背景には、歌の歌詞も大きく関係しているといわれています。

頑張り屋さんの人ほど、「このままじゃダメ」「周りは、もっと頑張っているのに」と、人と自分を比べて自己嫌悪に陥ってしまいがち。良いときも悪いときも、ありのままの自分を認めて、好きになることが大切な1歩です。

 

■ときには、休む勇気を持つ

勤勉な私たち日本人は、昔から働くことを美徳としてきました。それは現代においても続いているようで、オンライン旅行会社エクスペディアが行った「有給休暇国際比較調査2012」によると、日本は有給支給日が増加したのにもかかわらず、その消化率はワースト1位……。

さらに休暇中、決して仕事を忘れないという項目では、堂々の1位に! たまの休みくらい、仕事から離れてリラックスすることも必要ですよ。

 

■いい人をやめる

「嫌われたくない」と思ったり感じるのは、誰だって当たり前ですよね。けれども、それ故に「いい人でいよう」という気持ちが、あなたにプレッシャーをかけていることも。

相手が望む答えを返さなくてもよく、正しいと思ったら自分の意見を言うこと。殻に閉じこもったいい人よりも、ほんの少し嫌われてもよいと思うくらいの気持ちを持つと、心がスッと楽になるかもしれません。

 

いかがでしたか? 凝り固まった心とカラダをほぐして、日々の生活を充実させていきたいですね。

 

【関連記事】

※ 「私うつかも?」って時に絶対やっちゃいけないこと4つ

※ 今すぐ見直して!うつになりやすい「要注意な働き方」3つ

※ 慢性化は危険!これが出たら「無自覚で疲れてる」ヤバイ症状4つ

※ 5人に1人がうつ病になる時代!放っておけない「心の疲れ」対処法

※ 【動画あり】普通すぎるポロシャツをオシャレに着こなす簡単テク

 

【参考】

有給休暇国際比較調査2012 – エクスペディア