この3つをやめるだけ!劇的に「目を大きく見せる」意外なメイク術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美レンジャー多くの女性は、デカ目にするためにアイメイクを盛りがちです。しかし、メイクは濃くするほど、目の印象は強くなりますが、自然な目元のパッチリ感は失われてしまいます。

実は、アイラインやアイシャドウを濃くしなくても、目はパッチリ見せることができるのです。

テレビドラマで見る女優さんは、メイクがナチュラルなのに目元はパッチリしていますよね。メイクはついあれもこれもやりたくなりますが、いつものメイクの3つを控えるだけで目元が際立ち、パッチリ見えます。

そこで今回は、控えることで目元がよりパッチリ見える3つのメイクポイントについてご紹介します。

 

■1:上下のアイラインをやめてみる

美レンジャー上下アイラインをしっかり描くことで目力がアップするように思えますが、実は、目を大きくパッチリ見せたいときは逆効果。目を上下囲ってしまうと「目はここまでですよ」と、自己申告しているようなもの。広がりが失われてしまいます。

パッチリと見せたい場合は太く濃くアイラインを引くよりも、ペンシルアイライナーを使って、まつ毛とまつ毛を丁寧に埋める方が効果的。

下のラインを入れたい場合は、黒目の下の部分のみに入れると目の縦のラインが強調されて、クリッとした大きな目に見えます。

 

■2:しっかり眉毛をやめてみる

美レンジャー眉毛は、顔の印象を左右する大切なパーツのひとつです。しっかりと眉山を作って濃いめに描くことで、ビジネスシーンでは凛とした女性を演出することができます。

しかし、今回のように目をパッチリ見せたいときは、あえて薄めで眉毛を描くことがおすすめ。黒目やまつ毛の黒さがより際立ち、目の印象が強くなります。

アイブロウパウダーで足りない部分を足す程度にとどめたり、眉用のマスカラで眉毛全体のトーンダウンを行うと、目元の印象が強くなり垢抜けた印象にもなります。

 

■3:濃すぎるチーク、リップをやめてみる

健康的で華やかな印象にもなるチークやリップですが、つけすぎは注意です。色の発色が強いだけに、顔全体を見たときにどうしても目線が頬や口に行ってしまい、目元の印象が薄くなりがち。

チークやリップは控えめに、血色を与える程度にしておくと、人の目線が目元に行くので目の印象が強くなります。

 

以上、目元がよりパッチリ見える3つのメイクポイントをご紹介しました。メイクは、全体のバランスが重要です。目を印象的に見せたい場合は、他のパーツを控えめにしてみてくださいね。

 

【関連記事】

これはイタイ!実は「目を小さく見せてる」勘違いNGアイメイク

良かれと思ってやってる「目元がくすむ」最悪のお手入れ習慣4つ

いつものメイクにチョイ足しで「北川景子の目」になれる極意4つ

【動画あり】微妙な形の女子多し!「残念眉毛」にならない方法とは

クマが隠せてない!「下手すぎる」目元のコンシーラーNG使い3つ