失明の恐れも…目のUVケアを怠ると「瞳にシミ」ができる恐怖!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

耳の裏や手の甲まで、顔やボディの日焼け対策は、万全にしている人が多いことでしょう。

それでもまだ、紫外線ケアを忘れてしまいがちな場所があります。それは瞳です。目の紫外線対策をきちんと行っていないと、瞳にまでシミができてしまう可能性があるのです。このことを知っている人は少ないのでは? 

今回は、そんな目のシミの恐怖についてスポットを当ててご紹介します。

 

低すぎるコンタクトや眼鏡のUV意識

まずは、普段使い捨てコンタクトレンズを使用している、20~59歳の男女800名に行われた調査結果からご紹介しましょう。ジョンソン・エンド・ジョンソンが行った「紫外線対策の意識・実態調査」で、洋服や化粧品、眼鏡、コンタクトレンズ、車のフロントガラスのそれぞれについて、UVカットを気にするか聞いたところ、化粧品を選ぶ際は78%の女性が、UVカットの有無を意識していると判明。

しかし、コンタクトレンズのUVカットを気にしている人はわずか31%で、眼鏡については26.6%しかいませんでした。

目の紫外線対策への意識は、まだほとんど浸透していないようです。

 

瞳にもシミが出現する!

そんな風に瞳が無防備に紫外線にさらされていると、瞳にもシミのようなものができてしまいます。これは、白目部分が黄色っぽく濁って盛り上がってしまう症状で、”瞼裂斑(けんれつはん)”と呼ばれる病気です。およそ半数の人にこの症状があるという報告もあるほど、実は身近な病気なのです。

軽度なときは、自覚症状もほとんどありませんが、濁った白目は、見た目にも清潔な印象が欠けてきてしまいます。さらに症状が進行すると、失明してしまう可能性があり、恐ろしい病気ということをしっかり理解しておきましょう。

 

目の紫外線対策はどうしたらいいの

実際に目を紫外線から守るためにできることは、UVカット効果のあるコンタクトレンズをつけ、さらにサングラスと帽子の3点セットを使うことを、医師はすすめています。コンタクトレンズやメガネをこれから選ぶ方は、ぜひUVカットのものを選ぶとよいでしょう。

またこのような対策は、秋や冬になっても、日が陰ってくる時間でも、季節や時間帯を問わずしっかりと行うことが大事です。

 

蓄積していった紫外線によって将来悲しい思いをしないように、瞳の日よけもしっかり行いましょう。

 

【関連記事】

肌老化にもつながる!意外と知らない紫外線による目への影響

勘違いしがち!気付いたら「顔面シミだらけ」を招くNG紫外線対策

彼女にするにはチョット…「どんより白目がにごる」NG習慣6つ

紫外線だけじゃない!日常生活に潜むシミの恐ろしい原因5つ

強い紫外線で「ヘアカラーが落ちやすい」という悩みの解決法

 

【参考】

紫外線対策の意識・実態調査 – ジョンソン・エンド・ジョンソン