プロが極意を伝授!驚異の「ビューラー使い」で超パッチリ目元に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つけまつ毛やまつ毛エクステが主流になったといっても、ビューラー派の女性は多いもの。でも、つけまつ毛やまつ毛エクステに比べると、ビューラーで仕上げたまつ毛の印象力は、やや欠けてしまいますよね。

そこで今回は、つけまつ毛そのものとまではいかなくても、これまでのビューラー使いの目元とは、天と地とも違うとっておきのビューラーテクを、ヘアメイクアーティストの木村旭宏さんに教えて頂きました。

 

■1:ビューラー使いは三段階にするのがポイント

木村さんは、「ビューラーを使う上での失敗例で多いのは、まず、まぶた自身を挟んでしまうこと。そして、まつ毛を抜いてしまうこと。まつ毛の根元を挟めていないことが挙げられます。基本的なビューラーテクニックは、根元(強)→中間(中)→毛先(弱)と、 三段階にするのがポイントです(注:カッコ内は力の入れ具合)。この三段階でまつ毛を曲げていくと、キレイに仕上がります」と話していました。

今一度、自分に当てはまるビューラー使いの失敗例を振り返ってみましょう。

 

■2:カールアップの秘訣は根元に注目すること

木村さんは、「ここで一番大事なのは最初の根元です。ビューラーを挟むとき、目を閉じずに下を向き、まつ毛の付け根の少し上にビューラーの上部フレームを置き、まぶたを上に軽く引っ張ります。

その後、そのまつ毛の付け根をビューラーの上部フレームに密着させてください。そこで引っ張らず、押し込むように力を入れてあげれば抜けることはなく、まぶたを挟むこともなく、まつ毛がキレイに曲がりますよ」と話します。

崩れない前髪の作り方や寝癖の髪の乾かし方などの髪の毛同様、まつ毛も根元が重要なのです。木村さんからさらに、「根元のビューラーをちゃんとやるかやらないかで、仕上がりが全然違います。まずは丁寧にやってみてください」とアドバイス頂きました。

 

傷みすぎてまつ毛エクステができない、不器用でつけまつ毛が苦手だから、やっぱりビューラーでという女性も、このテクニックさえあれば、ビューラーでなりたい目元がキープできる可能性大。是非やってみてくださいね。

 

【関連記事】

プロも仕事で使用!「激安で若返りできる」超優秀100均コスメ4選

※ 【動画あり】足元が抜群にキレイに見える!「ロールアップ」の仕方

※ アイメイクが格段にUP!「プロ並みに仕上がる」ブラシの選び方

※ 【動画あり】朝の3分で可能!夜まで「崩れない最強前髪」の作り方

※ ヘアメイク氏が披露「一重が二重級に見える」魔法のアイメイク術

 

【取材協力】

※ 木村旭宏・・・ ヘアメイクのアシスタントを経て、メイクサロン店長、テレビ局でのヘアメイクを経験した後に独立。雑誌、メディア関係を活動の主とし、数多くの企業などで講習活動をしつつ、独自のヘアメイクスタイルを構築する。2011年「shu uemura HAIR & MAKE Contest」入賞等、受賞歴多数。