脳のおデブ化が原因!あなたが「全く痩せない」ヤバイNG習慣10コ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットを成功するも、失敗に終わらせるのも、結局は自分の意思次第。「なかなか体重が減らない」「いつも途中で挫折してしまう」という方は、ズバリ脳の肥満が原因かもしれません! そのままでは、ダイエットをするだけ無駄なんてことに……。

そこで今回は、脳がおデブ化しちゃう人にありがちな習慣をご紹介します。

 

■1:何かしら理由をつけて食べる

「頑張ったご褒美だから」「明日からまたハードだから」「食べないと夏バテしちゃうから」と食べるときに、言い訳にも似た理由をつけて食べてはいませんか? 

 

■2:食事のペースが人よりも早い

脳の満腹中枢から「お腹いっぱい」と信号が送られるまで、およそ15~20分。早食いすることで、食欲のブレーキがかかる前に食べ過ぎてしまうのです。

 

■3:半額シールがついているとカゴに入れてしまう

スーパーで買い物中、すでにメニューは決まっているのにもかかわらず、半額シールを見つけてはカゴに入れていませんか? 暴飲暴食を招く危険大です。

 

■4:テレビやスマホとながら食い

最近増えてきているのが、テレビやスマホを見ながらの食事、“ながら食い”です。食事が終わったのにダラダラ食べ過ぎてしまう、味覚が鈍くなるなど、デメリットだらけなのです。

 

■5:水はあまり飲まず、ジュースを口にすることが多い

味気のない水が苦手で、食事中でも飲み物はジュースや炭酸飲料。カラダによくないことはもちろん、食べ物本来の味も薄れてしまいます。

 

■6:デスク周りにお菓子を常備

お菓子を常備しておくことが習慣になってしまうと、疲れたとき、小腹が空いたときばかりでなく、「なんとなく口寂しいから」という理由でお菓子を食べてしまうことにつながります。

 

■7:マヨネーズやゴマだれなど、味付け濃いめが基本

味付けの濃いものは、当然のことながらカロリーもお高め。太る原因だけでなく、味覚が麻痺してしまう可能性もあります。

 

■8:デザートを食べないと、食事が終わった気がしない

食後のデザートが習慣になって、食べないと気がすまなくなってしまうこともあります。習慣化している人は、要注意です。

 

■9:お菓子は一度開けたら、つい食べきってしまう

ポテトチップスやクッキーの袋を開けて、「湿気ったら大変」とそのまま食べきってしまう人! カロリーオーバーの原因です。

 

■10:本気になったらいつでも痩せられると思っている

「ダイエットは明日から」「本気になったらいつでも痩せられる」そんなふうに思ってはいませんか? そんなに甘くはないですよ!

 

いかがでしたか? おデブ脳の脂肪を落として、これから本気のダイエットを成功させちゃいましょう!

 

【関連記事】

※ それ永遠に痩せないよ…全然効果が出ない「勘違いダイエット」4つ

※ 食事が9割!トレーナーが教える「運動しても痩せない」本当の理由

※ あなたが頑張ってウォーキングしても「痩せない」本当の理由3つ

※ 【動画あり】全方位で美人!簡単「フィッシュボーン」ヘアアレンジ術

※ 実は痩せない!? 糖質オフダイエットの超危険な落とし穴