案外気づいてない?「メイク下手女子」が陥りがちな残念眉NG4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎朝のメイク、皆さんが苦戦するパーツは、“眉毛”ではないでしょうか? 流行だけでなく、骨格に合わせた似合う、似合わないの定義などが存在する眉は、適当に描けば描くほど、メイクで損をしてしまう重要パーツです。

そこで今回は、メイク下手な女子が陥りがちな”残念な眉”をご紹介します。

 

■1:青白いのはアウトな眉上いじり

眉山辺りの筋肉の盛り上がり部分を眉丘筋(びきゅうきん)と呼びます。眉山の毛を抜いたり剃ったりしてしまうことで、この眉丘筋の盛り上がりが青白く目立ち、不自然な眉になってしまいます。

美眉に見せるコツは、この眉丘筋の盛り上がりを見せないように、基本眉上をいじらずに、眉下の毛を整えていくのがポイントです。

 

■2:まるでイモトな眉頭の描き過ぎ

眉頭の毛を全部埋めようとパウダーを濃く乗せたり、ペンシルで1本1本丁寧に描いてしまうと、貼りつけたような不自然な眉の原因になってしまいます。

余白を意識しながら、眉頭との境目をスクリューブラシで丁寧にぼかすと、ナチュラルに仕上がりますよ。

 

■3:下がり眉はどんよりフェイスの原因に

眉頭の先端よりも眉尻が長くなると、どんよりとした印象の下がり眉になってしまいます。

眉を描き終えたら、眉頭の先端から眉尻まで横平行に、アイブロウペンシルや綿棒などをあてて、眉のバランスを見ていきましょう。眉尻が、アイブロウペンシルや綿棒よりも長いと下がり眉に見えてしまうので、その場合は、はみ出た長さの分を綿棒でこすって整えれば、バランスが取れます。

 

■4:太過ぎ眉とふんわり太眉は違う

流行のふんわり太眉も素敵に見えるときと、「イマイチ?」と評価が分かれるときがありますよね。その理由は、ズバリ3つのポイントにあります。

まず1つめのポイントは、角度をつけずにややストレートラインを意識して描くこと。2つめのポイントは、眉頭と眉山の角を取り、少し丸みを持たせるようにすること。3つめに、眉マスカラは乾く前によくブラッシングして、ぼかすこと。

こうすることで、太眉の強い印象を和らげて、ふんわりとした女性らしい眉に仕上げることができますよ。

 

眉ひとつで、お顔の印象までも変えてしまいます。残念眉は卒業して、本当に似合う眉メイクを研究してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ そんなんじゃ無理!好きな彼に「ドン引きされる」NGメイク5つ

※ まるでゾンビ!? 「涙袋メイク初心者」が陥いるやりすぎNGメイク

※ 今すぐやめて!一瞬で「老け顔」の仲間入りになるNGメイク4つ

※ 【動画あり】全方位で美人!簡単「フィッシュボーン」ヘアアレンジ術

※ あなたは間違ってない?すぐに崩れてしまうNGメイク2つ