9割の女性が悩む…「経血のニオイ」軽減には食事が重要だった!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性なら誰しも、生理中にナプキンを交換するときに、「ニオイが気になる」と感じたことがあると思います。特に、蒸し暑い日が続くこの時期は、「生理のニオイがまわりに漏れているかも……」と、いつも以上に不安に思う方も少なくないのでは?

そこで今回は、経血のニオイの仕組みと、それを軽減させる食事のポイントについてお話していきたいと思います。

 

■そもそも経血はニオわない?

経血は、受精できなかった子宮内膜や粘液、血液、酵素、膣や子宮からの分泌物が混じったもの。赤い色をしているため、血液だけだと思っている方もいるようですが、実は血液は1割ほどしか含まれていないのです。

そして、この経血なのですが、排出されたばかりのときは、ほぼ無臭なのです。驚きですよね。では、ナプキンを交換するときにニオイがするのは、なぜなのでしょうか? 

それは経血が空気に触れることで、徐々に雑菌が繁殖するから。生理中のデリケートゾーンは高温多湿なので、雑菌にとっては心地がいい場所。そのためナプキン交換後、3時間もするとニオうようになってしまうのです。

 

■ニオイを軽減させる食事とは?

経血のニオイを軽減させるには、ナプキンをこまめに交換する、通気性の良いボトムを選ぶ、アンダーヘアを処理するといった方法もあるのですが、これは一時的なものにすぎません。

食事の内容を改めることで経血がキレイになり、ニオイも軽減するので、日々の食事に気をつけることが大切になってきます。

特に注意が必要なのが、肉類や卵、乳製品、添加物の摂りすぎ。食生活が乱れがちな方は、ご飯を主食とした魚や少量の肉、野菜、果物、海草、豆類などを組み合わせた”日本型食生活”に改めることをオススメします。

忙しいときでも、一回の食事に主食、主菜、副菜、汁物をそろえることを意識しましょう。

 

経血のニオイを気にする女性は多いですよね。経血のニオイにお悩みの方は、食事の内容を見直してみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事】

生理時の経血をおしっこのように子宮に貯めておける方法とは?

カラーリングやムダ毛処理…生理中に「体が悲鳴をあげる」NG行動

※ 【動画あり】全方位で美人!簡単「フィッシュボーン」ヘアアレンジ術

多くの女性が臭いとムレに悩んでる!憂鬱な生理中のNG習慣とは

10月10日は「マグロの日」ツナ缶で生理前の不調が改善される!