「フルブラ」ブーム到来!モテ女子が自宅で密かに漬け込むお酒とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんより、ジメジメした天気が続く梅雨の時期は、体にも負担がかかりやすくなっています。いつもより疲れやすいな……と感じている方はいませんか? 

そんな今、日々のストレスケア方法として、部屋でお酒を飲んでほっと一息というのは、大人の女性の密かな楽しみなのでは? 今まで女性が部屋で飲むお酒というと、カクテルやサワー、ワインなどが定番だったように思います。

しかし、ここ最近、急速にブームになっているのが、なんと“ブランデー”なのだそう。実は筆者も今まで、「オジサマのお酒でしょ」と見向きもしなかったブランデーなのですが、フルーツと組み合わせると美容効果もあり、見た目もおしゃれで、一気に女子向きのお酒になる事実に驚いたばかり。

今回は、そんなフルーツブランデー、”フルブラ”の魅力に迫ります。

 

■フルーツブランデー(フルブラ)女子が急増中!

そもそも、ブランデーとは、果実酒から造った蒸留酒の総称で、アルコール度数は、35~50度。本来はぶどうを原料としたものを指し、名産地は、ぶどうの名産地と一致するそうです。

ちなみに、蒸留酒であるブランデーは、蒸留によって不純物が取り除かれるため、アルコール分のみが、カロリーに相当するとされています。このため、アルコール以外に糖質やたんぱく質が含まれている醸造酒であるビール、日本酒、ワインよりもカロリーが低いのが特徴です。

そんなブランデーは、ここ最近、女性の間でも楽しむ人が増えているとのこと。なぜ、一気にブランデーの人気が高まってきたのでしょうか? それには、忙しく働き続ける女性にとって、様々な魅力が備わっているからなのです。

 

■フルーツブランデーが人気の理由とは?

フルブラ人気の理由のひとつは、とにかく簡単なこと。自宅で簡単に好きなフルーツをブランデーに1日漬けるだけでできあがります。手軽な“フルーツブランデー”の存在が、レシピ本などによって知れ渡り、人気に火がついたようです。

ちなみに、今旬のフルーツを楽しむなら梅、桃などがおすすめ。また、通年楽しめるのは、柑橘系のオレンジ、レモンなどがよいです。

最近は、果実酒造りに限らず、空前の“漬け込みブーム”。手作り保存食などに興味を持つ方も多く、量販店などでも保存用のビンの売り上げが好調だそうです。

 

■栄養士もブランデーの美容効果に注目中!

簡単に造れるブランデーですが、美容効果についてはどうなのでしょうか? そこで、 管理栄養士として活躍中の浅野まみこ先生に、フルーツブランデーの美容と健康効果を伺いました。

ブランデーは蒸留酒のため、他のお酒に比べると糖質が低いそうです。そのため、糖質を気にされる方にとっては、おすすめのお酒です。また一緒に漬け込むフルーツには、ビタミン、ミネラル、食物繊維が多く含まれているので、フルーツブランデーは、女性の体にも嬉しいお酒と言えます。

フルーツに多く含まれるビタミンCは、抗酸化作用、コラーゲンの吸収などの美肌効果、またカリウムは、ナトリウム排泄作用や水分調整作用があるため、お酒を飲んだ後のむくみなどを軽減してくれる効果も期待できます。

 

美人栄養士の浅野さんもおすすめのフルーツブランデー。そもそも、ブランデーは、主にワインを蒸留して造られていることから、フルーツとの相性がよく、意外と飲みやすいので、梅酒やサングリアのような感覚で楽しむことができるのです。紅茶や炭酸水で割るのもいいですね。

フルーツブランデーの人気から、美容好き女子の自宅の過ごし方として、漬け込み人気もさらに高まりそうです。

 

【関連記事】

※ 「 コップ1杯で美人に!?」飲むだけで●●な魔法の飲み物 

たった5分でできる「体の中から」キレイになれる飲み物

スポーツで体にダメージが!? がんや老化の元をたたく飲むべき水 

【動画あり】たるみ毛穴撃退!0円でお手軽「冷却マッサージ」ケア法

※ 飲み物なのにご飯1杯より高カロリー!夏に危険な要注意ドリンク

 

【取材協力】

※ 浅野まみこ・・・管理栄養士。総合病院、女性クリニック、企業カウンセリングにて1万8千人以上の栄養相談を実施。その経験を生かし、企業のコンサルティング、レシピ開発など多方面で活躍中。年間100時間以上の講演を行い、全国を飛び回っている。2014年6月3日に『やせられないのは「夕方の空腹」が原因だった!』(青春出版社)を発売。