夏が来る度ブツブツに憂鬱…すべすべ二の腕にする超簡単な秘策は

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二の腕の外側にある赤いブツブツ。つぶしてみたりクリームを塗ってみたり…すべすべの腕に憧れていろいろな方法を試したことのある方も多いでしょう。太ももや肩、ふくらはぎにもしつこく出てくるこのブツブツの正体は、実は古い角質が溜ったもの。

だから角質をきれいに除去してあげることが、ブツブツと決別するケアなんです。そんな正しいブツブツ撃退法を今回はご紹介しましょう。

 

■ブツブツの正体は毛穴にたまった古い角質

3,524人の女性に行った調査で、約4人に1人が二の腕のブツブツに悩んでいるとわかりました。二の腕のみならず、太ももや肩、ふくらはぎなどに見られることもあり、特に色白の方は赤いブツブツがニキビのように目立つし、肌ざわりも悪く気になります。

このブツブツは「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)や「毛孔性角化症」と呼ばれる皮膚疾患のひとつで、一般的には「さめ肌」とも呼ばれています。そしてこのブツブツの正体は肌の代謝異常によって溜まった、古い角質。

角質が体外へきちんと排出できずに毛穴に過剰に詰まってしまい、皮膚の表面に盛り上がってきてしまうのです。原因としては、遺伝的な要因やホルモン代謝などの影響で症状が起きるとも考えられています。

 

■ブツブツの正しいケア方法は?

ブツブツをなくすために最初にすることは、まずは溜まった角質を除去することです。さらに角質を取り除いた後も再びブツブツが出てこないように血行を促進し、おかしくなってしまった肌代謝を正常に戻すことも必要です。

またブツブツで赤くなってしまった肌は炎症も起こしているため、この炎症を抑えることで赤みも抑えることができます。

ニノキュア

この3つの大切なステップに有効なのが、意外にも尿素なんです。尿素は溜ってしまった角質を剥がれやすいように柔らかくし、除去を促します。そんな尿素に着目した製品が『ニノキュア』

二の腕のブツブツの治療には、保湿と共に溜まった角質を除去することが重要です。『ニノキュア』は一般用医薬品最大量※である20%の尿素を配合しているため、ブツブツの正体である毛穴にたまった過剰な古い角質を、この20%の尿素が軟化させ除去します。

(※出典/株式会社じほう:日本医薬品集 一般薬 2014-2015,631-817)

さらにトコフェロール酢酸エステル配合で肌のターンオーバーを正常化し、抗炎症効果のあるグリチルリチン酸モノアンモニウムが肌の赤みを改善してくれます。

この3つの効果で、やがてボツボツが治まっていくでしょう。角質層のターンオーバーは約2週間のため、まずは2週間続けて使ってみて肌が柔らかくなってきたなと感じたら、それが効きはじめのサインです。

 

気になる場所に塗るだけで長年悩んでいたブツブツがきれいになるとしたら、こんな嬉しいことはありません。今年の夏こそすべすべボディを手に入れましょう。

 

【参考】

ニノキュア – 小林製薬株式会社