梅雨時の頭皮は無法地帯!「薄毛やニオイが多発する」リスク増大

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジメジメした梅雨。食べ物も腐りやすいですが、美容の悩みとして真っ先に挙がるのが、ヘアスタイルがキマらないこと。

湿気によるうねりや広がりなどで、思い通りに髪型がまとまらず、頑張ってセットしても外に出た瞬間に台無し。「あ~あ……」という状況は、皆さん一度は体験されているのではないでしょうか? 

しかし、梅雨の恐ろしいところは、ただヘアスタイルが崩れるだけではありません。梅雨時の高温多湿は、頭皮にとってもトラブルが多くなってしまうのです!

 

■梅雨時は頭皮のニオイやフケなどトラブル多発!

梅雨時に頭皮のニオイやフケ、かゆみなどが起こる理由。それはまず、雑菌が繁殖しやすい状態であることによります。また、汗をかきやすいことも原因です。この季節は、かいた汗が蒸発しにくいため、皮脂や汚れで毛穴がふさがりやすくなり、三重苦に陥ることも……。

これらのことから、毛穴に詰まった汚れをそのままにしておくと、皮脂汚れが酸化してニオイやフケ、かゆみの原因になってしまうのです。症状が進行すると脱毛につながる恐れもあります。

 

■薄毛や抜け毛の悩みは、どんどん深刻化!

ヘアケア製品を展開する、モルトベーネプロフェッショナル株式会社の調査によると、「薄毛、抜け毛を気にしていますか?」との質問への回答は、「今後気になりそう」と答えた人までを含めると、全体で78%という非常に高い結果が出ています。

しかし一方で、「薄毛、抜け毛に関して、何か予防をしていますか?」という質問への回答は、実際に予防をしているという方は、全体の約1/4の24.9%にとどまる結果に。「予防をしようと考えている」(31.7%)と合わせても半数強にとどまり、43.4%もの人が気になるものの何もしていないという現状が明らかになりました。

 

■梅雨時こそ正しい頭皮ケアを心がけて

スメルハラスメントが問題になっている昨今。ボディも髪の毛も、嫌なニオイが広がりやすい今の季節は、自分自身の薄毛のためだけでなく、“マナーとして頭皮ケアする”という意識を持つことが大切です。髪のボリュームの少なさを気にされている方にとっても、梅雨の間こそ、頭皮ケアがとても重要になります。

そんな梅雨時の有効なヘア対策は、やはり毎日のケアにかかっています。ただでさえオイリーになりやすい頭皮をすっきり洗い上げるシャンプーや、頭皮の血行をよくして老廃物を排出しやすくしてくれる、頭皮用マッサージジェルなどを活用するのがおすすめです。

 

梅雨時期は髪の広がりだけではなく、頭皮の健康にも気を配るのが、美しい髪を育てることにつながりますよ。

 

【関連記事】

※ 【動画あり】たるみ毛穴撃退!0円でお手軽「冷却マッサージ」ケア法

※ なにこれ怖い…突然始まる女性の抜け毛ポイントが解明

※ 夏に要注意!「ツヤ髪から遠ざかる」生活習慣3パターン

※ 57%が鏡に映った自分にビビる!? 女性の最新抜け毛事情 

※ 強い紫外線で「ヘアカラーが落ちやすい」という悩みの解決法

 

【参考】

モルトベーネプロフェッショナル