顔がゆがむほど!デリケートゾーンのムレやニオイを解消する方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生理中は、デリケートゾーンのムレやかゆみ、ニオイが気になりますよね。夏場は特に不快感を持つ人も多いのでは?

生理用の紙ナプキンは、絶対に経血をもらさないような素材を使っているため、通気性が悪く、どうしてもムレてしまいます。そしてそれが、ニオイにつながるのですね。

さらに、ムレることで雑菌が繁殖し、肌のかゆみやかぶれの原因となってしまいます。今回は、生理中のそんな不快を取り除く対処策をお伝えします。

 

■1:布ナプキンはムレにも有効 

ナチュラル志向の高い女性の間で注目される布ナプキン。身体を温め、エコで生理中も快適というのが選ばれている理由です。

布ナプキンというと、布のため、経血がついてベタつきそうな感じがするのですが、天然素材は通気性がよくムレがないので、さらっとしていてかゆみやかぶれも軽減されます。

布ナプキンは生理の時だけでなく、おりものや出産後に起こりやすい尿漏れなどにも使えるので、さらに経済的です。最近は、布ナプキン専門店やオーガニックコットンを販売するところも増えています。きっと可愛い布ナプキンが見つかるはずなので、探してみてくださいね。

 

■2:サニタリーショーツ選びも大切 

上記に加えて、サニタリーショーツも通気性や素材、締めつけ感がないものを選ぶことが大切です。漏れないように、また経血がシミになりにくいよう、化学繊維でできたものや締めつけのきついものが多いのですが、これでは、生理中の不快感につながってしまいます。

最近は、これまであまりなかった布ナプキン用のサニタリーショーツも登場しています。中でも筆者がおすすめするのは、『リボン田園調布』のセレーネパンティ。これは、通常のナプキンより厚く重めの布ナプキンや、尿漏れパッドにも対応しているサニタリーショーツ。

ヒップからクロッチ部分まで続くギャザーで、ナプキンのずれを防止し、そけい部にゴムを使用しないことで、生理時のむくみやすい体調をサポートしてくれます。天然素材なのでムレも気になりません。 

生理中はお腹が冷えやすくなったり、むくみも気になりますが、ショーツはあまりきつくないもので、お腹までカバーしてくれるものがよいでしょう。

 

布ナプキンもサニタリーもストイックなデザインが多いですが、最近は華やかで可愛らしい製品も選べて嬉しいですね。ムレやかぶれ、生理時の不快感が気になる方はぜひお試しくださいね。

 

【関連記事】

大半の女性が悩む「デリケートゾーンのかゆみ」を解消する方法

腰痛や生理痛に尿漏れまで…「ヒールの履き過ぎ」が招く身体の不調

足ムレ・靴擦れ対策に!噂の「トングソックス」のスゴイ効果とは

それ感染症じゃない?デリケートゾーンの異変を感じた女性は95%

※ 【動画あり】普通すぎるポロシャツをオシャレに着こなす簡単テク