知らないと損!美人の定番食モッツァレラチーズの超簡単レシピ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数年で、モッツァレラチーズが大人気になっているのをご存知ですか? 実は、モッツァレラチーズは美人食レシピにもってこいの食材。うまく活用すれば、ササッとひと手間でおしゃれな一品ができると同時に、キレイになれちゃう食べ物なのです!

今回は、モッツァレラチーズの魅力と、誰でも簡単にできる美人食レシピをご紹介します。

 

■食べてない人は遅れてる!? モッツァレラチーズの魅力

森永乳業株式会社の調査によると、『フレッシュモッツァレラチーズ』の売り上げは8年間右肩上がり。アンケートで『フレッシュモッツァレラチーズ』を「買ったことがある」と答えた方は、2010年では16.7%でしたが、2013年では20.2%と伸びています。

発酵食品は体にいいことで知られていますよね。中でもチーズは、たんぱく質やミネラル、必須アミノ酸をバランスよく含んでいる食品。さらに、乳酸菌や酵素のはたらきも得られるので、うまく活用すれば究極の美人食になります。

『フレッシュモッツァレラチーズ』といえば、やっぱり定番レシピはトマトと合わせたカプレーゼ。実はトマトに含まれる美容成分リコピンは脂肪分と一緒に摂取すると吸収率がアップするといわれており、この組み合わせ、おいしいだけでなく美容にも非常に効果的な食べ方なのです。

チーズの脂肪分を気にする方もいますが、脂肪分の中に美容成分が含まれているので、敬遠しないで。とくに『フレッシュモッツァレラチーズ』は、みずみずしくふんわりしたミルク味なので、これまであまりチーズに馴染みがなかった方にもおすすめですよ。

 

■超簡単!美カプレーゼの作り方 

ご紹介するのは、塩麹の美カプレーゼ。『フレッシュモッツァレラチーズ』に加えて、高い美容効果で注目されている塩麹、リコピンが豊富なトマト、ミネラルいっぱいの海藻を使ったレシピです。

森永乳業の家庭用チーズマーケティンググループの長谷川 諭子氏によると、「『フレッシュモッツァレラチーズ』はクセがないのでどんな食材とも合わせやすいことが特長。

このレシピは和風の味付けですが、塩麹のコクが『フレッシュモッツァレラチーズ』のミルク風味を一段と際立ててくれます。更に付け合せの海藻もアクセントになり、さっぱりとお召しあがり頂けるので、夏におすすめのレシピです。 」とのことです。

【材料】※4人分

・クラフト フレッシュモッツァレラ・・・1袋

・カゴメ高リコピントマト・・・1袋

・塩麹・・・50g

・海藻ミックス・・・15g

・エキストラバージン・オリーブオイル・・・大さじ1

・大葉のせん切り・・・2枚分

【作り方】

①海藻は製品の調理方法に従って戻し、キッチンペーパーで水気をしっかりと拭き取ります。

②モッツァレラは厚さ8mmの半月切り、トマトは厚さ8mmに切ります。

③ボールに②と塩麹を入れて混ぜ合わせます。

④器に海藻を敷き③を交互に盛り付け、オリーブオイルをかけ大葉を散らします。

20140610Tsugita

筆者も作ってみましたが、本当に簡単! 時間がないときでも、パパッと作れます。なのに、家族や友人からは「おしゃれでおいしい」と大好評! おいしくておしゃれで美容に良いなんて、そんなうれしい話はありませんよね。みなさんも、早速今夜の一品にいかがでしょうか。

『フレッシュモッツァレラチーズ』を使った、おしゃれで美容効果バツグンの美カプレーゼ。これから美人の定番食になること間違いなしです! とにかく簡単なので、ぜひ一度作ってみてくださいね。

 

【参考】

美・カプレーゼレシピ クラフト フレッシュモッツァレラ