今こそ簡単まついくケアのチャンス!自まつ毛美人を目指すサプリメントとは?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日のメイクの中でも、特に力を入れてしまうのがアイメイクですよね。まつ毛エクステや、つけまつ毛が手放せない! という方も多いのでは? しかし、そのままではまつ毛に負担がかかり、まつ毛がごっそり抜け落ちる“まつ毛ハゲ”を引き起こしてしまう可能性が……! そこで今回は、健やかで丈夫なまつ毛を伸ばす育毛テクをご紹介します。

 

■まつ毛がグングン伸びる育毛テク3つ

(1)夏は自まつ毛にシフトチェンジ

『美レンジャー』の過去記事「つけまつ毛頼りの人必見!実は自まつ毛育成には夏が最適なワケ」でもお伝えしたように、髪の成長速度は7~8月がピークとされ、夏は1年で最もまつ毛が伸びる時期とも考えられます。たまには休息をとり、自まつ毛のケアに励んでみてくださいね。

 (2)育毛食材でアプローチ

健やかで丈夫な毛を育てるために欠かせないのが、育毛食材です。定番のワカメやひじきなどの海藻類はもちろん、髪のケラチンの素となるL-システインを含むゴマ、抜け毛予防効果のあるビタミンEを含むナッツや玄米などを積極的にとるとよいですよ。

(3)まつ毛専用ケアを取り入れる

ビューラーのゴムをこまめに換える、ゴシゴシメイクを落とさないなど気を使っていても、毎日のメイクや紫外線によってダメージは日々蓄積されていきます。まつ毛専用のケアアイテムを使って、まつ毛を保護しましょう。

 

■自分史上最長のまつ毛に!“飲むまついくサプリ” 

まつ毛専用ケアアイテムは、美容液だけではありません。なんと、飲んでまついくができちゃうサプリが登場! その名も『バンビウィンク』です。

育毛成分ミノキシジルと同等の働きをもつポリアミンを主成分に、まつ毛美容液にも多く含まれ、ネイルや美肌にも嬉しいビオチンをたっぷり配合。

1日に必要なビオチンの量45㎍に対し、『バンビウィンク』には10倍の450㎍を含んでいます。その他に亜鉛、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ビタミンC、ビタミンE、ベータカロテン、シスチン、ヨウ素をはじめとする18種類もの成分がまつ毛を保護し、まついくをサポート。

さらに、まつ毛美容液によくある不満を解消。サプリメントなので目にしみる、かぶれる、目の下の色素沈着等の心配もありません。まつ毛美容液のように朝晩使用するなどの面倒もなく、手軽で簡単なのに効果を実感できることから、美容雑誌にも多く取り上げられ、東急ハンズやアイラッシュサロンでもリピーターが続出中なのだとか!

 

■まつ毛を酷使しまくり!筆者も早速試してみました

美レンジャー

月1でまつ毛パーマをかけている筆者は、まつ毛のダメージが気になっている1人。巷でウワサのまつ毛美容液を見つけては、片っ端から試してきました。しかし、前述のように目元の色素沈着が気になるなど、なかなか理想の育毛用品に巡り合えずにいました。

美レンジャー

『バンビウィンク』を試すこと3週間。

目頭や目尻のまばらな毛が均等に揃うように! マスカラのあとのコーミングでまつ毛が抜けることがなくなり、パーマのカールもキレイに決まってエクステと間違えられることも! 

1日たった3粒飲むだけという手軽さも、続けやすいポイントですよね。まつ毛が伸びるこの時期、さらに内側からのケアを取り入れて、自分史上最高のまつ毛を手に入れてみませんか?

 

【参考】

バンビウィンク – オルト株式会社