100%の女性の悩みを解決!夏のメイク崩れはどこを対策すればいい?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんどんと気温もあがり、夏に近づいてきていますね。そのような中、『株式会社伊勢半』が20代〜30代の女性500人を対象に行ったメイクに関するアンケートを実施しました。

まず「夏のメイクで気になることは何ですか」(複数回答)と尋ねたところ、回答者全員が「メイク崩れ」と回答し、次いで「Tゾーンのテカり(73.0%)」「毛穴の黒ずみ、ひらき(60.0%)」が気になるという結果となりました。

さらに「メイクが崩れた時に直しにくいポイントはどこですか」(複数回答)について尋ねたところ、1位は「ファンデーション」で65.6%、次いで「マスカラ」が39.8%という結果のようです。

汗や皮脂がほんの少し分泌されるだけでもパンダ目になってしまうという悩みも多いのがマスカラで、100%の女性が経験をしたことがあるとか。 梅雨から夏にかけてのこの時期、やっかいなメイク崩れを防ぐ方法はないものでしょうか?

 

■経験者は100%! メイク崩れの悩み

マスカラが崩れて辛いと感じるシーンの統計が明らかになりました。そもそもマスカラをつけるときは誰かにきれいだと思って欲しいから使うものです。

1位:パーティ・冠婚葬祭 の時63.4%

2位:デートの時61.4%

3位:仕事の時54.0%

4位:家族や友人と過ごす時42.8%

5位:近所への簡単な外出7.8%

運命を変えるかもしれない出会いのシーンや、大切な人と一緒に居る時は、少しでもメイクが崩れをしたくないという女性の気持ちが顕著に現れました。

特に初対面の人同士では、メイク崩れをしているのか囲み目メイクが好きな人なのかわからないので、「滲んでいますよ」なんて注意をしづらいですよね。そんなつもりもないのにギャルメイクをしていると思われてしまったら悲しいですね。

 

■くずれないアイメイクが肝!

一度崩れたら直しにくいのがアイメイク。それならばそもそもくずれないメイク用品を選びましょう。そのひとつとして今回とりあげたいのがお姫様のイラストでもお馴染みの『ヒロインメイク天まで届け超耐久マスカラ』です。

汗・皮脂・水に強く、ウォータープルーフよりも耐久性があるマスカラは、瞬間ロック成分と形状記憶ポリマーのおかげで、87.5%の人が「滲まない!」と実感したそう。

5mmのエクステファイバー入りなので、エクステ要らず。ビューラーを使わなくてもきれいなカールが保てるような配合になっているとか。既存のウォータープルーフよりするっと落とせるのでメイク落としのストレスもないそうです。

 

マスカラが滲んでしまったせいで、まるでギャルメイクをしているかのように見えていたことがある人。鏡を見てまるでゾンビのようなメイクになっていてびっくりしたことのある人はぜひつかってみてくださいね。

 

【参考】

ロング&カールマスカラ スーパーWP