永作博美のように「若々しく見える人」が実践するたった3つのコツ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「実年齢より若く見える」と言われると、嬉しくなりますよね。女優の永作博美さんのように年齢を重ねても若々しく、大人のかわいさを持つ女性に憧れる人は、少なくありません。

実はちょっとしたヘアメイク、洋服のポイントを意識するだけで、誰でも簡単に若く見せることができます。

そこで今回は、若々しく見せたいときに効果的なヘアメイク、ファッションのポイントを3つご紹介します。

 

■若々しく見える人って何が違うの?

自分の顔を鏡で見たときに、シワやシミ、ニキビといったピンポイントの悩みが気になるという女性が多いかと思います。しかし、意外にも他人は、細かいパーツよりも相手のことを顔全体で見ています。細かいシワやシミよりも、パッと見たときに顔が明るく、肌に透明感を感じられる人は若々しく見えます。

ポイントは、透き通るような“明るさ”と“あどけなさ”を演出することです。それでは、具体的に実践したい項目をご紹介します。

 

■若々しく見せたいときに実践したいポイント3つ

(1)メイクは暖色や明るい色を使用

あどけなさを出すには目元は、控え目にするのがポイント。目力を意識して濃くすると大人っぽく、キツイ印象になってしまいます。アイシャドウは、明るいベージュやピンクを使用し、引き締め色やアイラインもブラウン系をチョイスします。グレーや黒、ネイビーは、大人っぽくなるのでこの場合は避けた方がよいです。

また、チークやリップはピンク系をチョイス。チークは小鼻のラインよりも上に、あえて丸く入れるようにすると血色がよく、頬骨がキュッと上がって若々しく見えるのでおすすめです。

(2)前髪であどけなさを、トップやサイドは弾むようなエアリー感を

若く見せたいときは、前髪を作るのがおすすめ。表情にあどけなさが加わります。また、髪の毛がぺちゃんこだと老けた印象になってしまうので、トップやサイドにふんわりとボリュームを出すのがポイントです。ホットカーラーやコテで巻いたり、パーマをかけてふわっと感を出すと、髪に弾むような軽快さが出ます。

(3)明るい色の服をチョイス

黒、カーキ、茶色といった深い色も素敵ですが、若々しく見せたいときは、明度が高い色合いを選ぶとよいです。トップスの色が明るいと、レフ版効果で顔がパッと明るく見えます。グレーを選ぶときはライトグレーをチョイスし、暗い色を着るときは、明るいストールやカーデを肩がけして、顔まわりに華やかさを出すとよいです。

また、人にはそれぞれ、顔色をより明るく見せることができる“パーソナルカラー”というものが存在します。以前ご紹介した『美レンジャー』の過去記事「あなたの顔を”実年齢より若く美しい顔に見せる色”診断【前編】」を参考に、自分の顔色をより明るく見せることができる色を知っておくのもおすすめですよ。

 

以上、若々しく見えるポイントをご紹介しました。若々しく見せたいときは、是非実践してみてくださいね。

 

【関連記事】

老けるし太る!「朝食抜き」はみるみるオバサン化することが判明

今が運命の分かれ道!アラサー女子が摂るべき「赤い成分」とは

顔がシワシワに!ダイエット中に「おばさん顔」を招く4つの危険性

※ 【動画あり】不器用さん必見!簡単こなれ「ポンパドール」の作り方