ダイエット中でもOK!食べても太りにくい「おやつ選び」とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏目前、ダイエットをはじめる女性は少なくありません。しかし過度な食事制限はイライラを招いたり、反動でドカ食いをしてしまうなんてことも。また、空腹がつづくと身体が飢餓状態だと思い込み、次の食事で必要以上に脂肪を溜めこもうとしてしまいます。空腹時は我慢しすぎずに何かお腹に入れることも大切です。

そこで今回は、小腹がすいたときに食べても太りにくい、簡単に手に入るおやつをご紹介します。

 

■食べても太りにくいお手軽なおやつ4つ

(1)ドライフルーツ

干しぶどうやいちじく、ドライマンゴーなど最近はコンビニにドライフルーツが豊富に並んでいます。ドライフルーツに含まれる果糖は、砂糖などの糖質よりも分解されるのに時間がかかることから腹持ちがよいとされています。

また、水分がぬかれた状態とはいえもとは果物。果物に含まれている栄養素は、乾燥してもその多くが含まれた状態です。ビタミンCは残念ながら時間とともに無くなってしまいますが、ビタミンB群や食物繊維、ミネラル、抗酸化物質などは含まれているのでダイエット中の荒れがちな肌にも効果的です。

(2)ナッツ類

ビタミンやミネラルが豊富で、良質な油を含むことで知られるナッツ類はまさに栄養の宝庫。特に糖や脂質の代謝に必要不可欠なビタミンB群やミネラルを含むことでダイエットの味方にもなってくれます。噛み応えもあり、しっかりと咀嚼する必要があることから、満腹感も得られるので一石二鳥です。

しかし、一粒のカロリーは決して低くはありません。一度にボリボリとたくさん食べていては意味がありません。各ナッツのカロリー表記を参考に、一度の間食で~10粒程度以内をつまむ程度にしておくとよいです。

(3)おしゃぶり昆布

コンビニで必ず目にするおしゃぶり昆布はダイエットの強い味方。カロリーは1袋(10g)あたりわずか24kcalと低く、何度も噛むことによって満腹中枢が刺激され、満足感が得られます。ただし、デスクでしゃぶりながら仕事をしているとまわりからギョッとされることもあるので、食べる場所は選んだ方がよさそうです。

(4)ジェラート

一般的にアイスクリームよりカロリーが低く、とてもヘルシーなジェラート。しかも今では専門店に行かなくてもスーパーやコンビニで手軽に買うことができます。その代表が、ロッテから発売されている『ジェラートマイスター』。世界中から選りすぐりの素材を厳選して作られた、イタリアジェラート協会『SIGA』の認定を受けている本格ジェラートです。

こちらはなんと、カロリーがブルーベリー味で1カップ128キロカロリー、洋ナシ味で133キロカロリーと一般的なのカップアイスクリームの半分程度! 果汁や果肉もたっぷりで、手軽に買えてヘルシーなのに本格的な味わいを楽しめるのでおすすめです。

ブルーベリー味はブルーベリーそのものを食べたときのような、素材の味を楽しめます。洋梨味はラ・フランスとバートレッドの二種のピューレを使用していることから、甘味と酸味の絶妙な味わいを楽しめます。喉ごしも爽やかで、これから夏にかけての暑い時期のおやつにもピッタリですね。

 

以上、食べても太りにくいおやつをご紹介しました。我慢しすぎず、空腹時は軽くお腹に入れるように意識してみてくださいね。