人気スタイリスト入江流「大人かわいい」おしゃれを楽しむ極意3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事の日やデートの日、友人と会う日など、おしゃれに”女性らしいかわいいもの”を取り入れたいという大人女子は多いですよね。

ただ、「いつまでかわいいはOKなの?」「かわいいアイテムを取り入れて失敗した」などと悩んだことはありませんか?

そこで今回は、雑誌『AneCan』の看板スタイリストとして活躍中の、入江未悠さんのスタイリング本『TOKYO LADY STYLE』を参考に、大人かわいいおしゃれを楽しむ極意を紹介したいと思います。

 

■1:T.P.O.を大切にする

入江さんがスタイリングをする時、まず大事にしているのは、”T.P.O.”なのだそうです。「どこへ行くのか」「誰と会うのか」「どんな仕事に就ているのか」を思い浮かべながらスタイリングをすれば、自分も相手も心地よい着こなしバランスを手に入れることができるのだとか。

これは、パートナーとお出かけする時にもいえること。頑張りすぎないカジュアル感や日常とは違う女らしさを盛り込むことも、おしゃれの素晴らしい部分なのですが、パートナーが居心地よくいてくれることが、楽しい時間を過ごす大きな要素です。

「買ったばかりのこれを着たい」など、着たいものをただ着るだけでは、シーンに合ったおしゃれはできていません。「なんだか私、浮いている?」という失敗をなくすためにも、T.P.O.を大切にしましょう。そこに季節感を取り入れることができれば、おしゃれ上級者にグンと近づけますよ。

 

■2:おしゃれ実験デーを作る

予定がなく、自分の好きなように過ごせる日は、冒険服や新顔服を試すおしゃれ実験デーにピッタリ。「この組み合わせ、イマイチかも」と感じる時、誰かと一緒だと恥ずかしくなってしまいますよね。そのせいで、「この服はもう着たくない」なんて気持ちになることも……。

そんな場合も、一人の時なら反省して、次に生かす糧にすることだってできます。

 

■3:大人かわいいには、”上品さ”が欠かせない

「大人になっても無理なくかわいいファッションを楽しむためには、品のよさは欠かせないエッセンス」だと、入江さんはいいます。そのためには、小物使いも大切なポイント。小物使いは苦手という方は、下記の3つのことに気をつけるとよいそうです。

(1)つま先に丸みのあるシューズを合わせる

せっかくかわいいファッションをしていても、靴のつま先が尖っていると、バランスが悪くなってしまいます。大人かわいいファッションには、つま先に丸みのあるシューズを合わせるのがコツです。

(2)クラシカルなデザインの時計を身につける

クラシカルなデザインの時計は、甘い服を品よく大人顔に格上げしてくれるので、一本持っておくと使えます。

(3)重ねづけのベースとなるアクセサリーを持つ

どんなスタイルにも馴染む、重ねづけのベースとなるアクセサリーを持っておきましょう。これを気分やイベントに合わせて、トレンドアクセサリーとミックスすれば、ワンパターン化することなくおしゃれを楽しめます。

 

これからもおしゃれで、かわいいアイテムを上手に活用していきたい方! この他にも『TOKYO LADY STYLE』には、入江さんがスタイリングをしたシーン別のファッションや、洋服のしまい方のコツなども掲載されています。

読み終わる頃には、おしゃれに対する意識やレベルが上がっているかもしれません。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

今季流行のカジュアルシャツ「野暮ったくならない」着こなしテク

恥ずかしくて挙動不審に!「ビッショリ脇汗」を隠す5つの簡単テク

まるで貞子!? 流行りの黒髪が「野暮ったくならない」ための心得

ズボラすぎて痛い女に!間違いだらけのストッキングの取り扱い方

※ 【動画あり】朝の3分で可能!夜まで「崩れない最強前髪」の作り方

 

【参考】

入江未悠(2014)『TOKYO LADY STYLE』(小学館)