何でも突っ込んじゃダメ!実は冷蔵庫に入れてはいけない食材4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨時期になると、食中毒が心配になりますよね。高温多湿で、食中毒菌が繁殖しやすいこの季節。食品を冷蔵庫に入れて保管する機会も増えることでしょう。

しかし「何でも冷蔵庫で保存しよう」と思うのは、NGなのです。実は、冷蔵庫には入れない方がよい食材があることをご存知でしたか? 

今回は、実は冷蔵庫に入れてはいけない食材をご紹介します。

 

■1:冷蔵庫NG”野菜”

玉ねぎ、ジャガイモ、サトイモ、サツマイモ、レンコン、ゴボウなどの野菜は、冷蔵庫ではなく、ダンボールに入れ、冷暗所での保存をおススメします。冷蔵庫で保存すると、水っぽくぶよぶよに柔らかくなり、腐りやすくもなるので避けた方がよいでしょう。

また、完熟していないトマトも常温保存をおススメします。トマトは、そのものから発生するエチレンガスで熟成します。熟成前のトマトを冷蔵庫に入れてしまうと完熟できないので、完熟までは常温で保存してください。

野菜は、育った環境に近いところで保存することを意識するとよいですよ。

 

■2:冷蔵庫NG”果物”

メロンやグレープフルーツ、オレンジなどの柑橘類やバナナも、冷蔵庫での保存は避けてください。冷やし過ぎると、熟さないまま腐りやすくなります。

メロンはカットしたら、食べる2~3時間前に冷蔵庫に入れると、冷たくおいしく食べることができます。また、バナナは自然に茶色く変色し、甘さが減るので常温保存してください。

 

■3:はちみつは常温で!

ブドウ糖と果糖が主成分のはちみつは、冷たい場所が苦手。冷やすことで結晶化し、白く分離してしまいます。

賞味期限内は、腐ったりカビたりする心配はありません。安心して食べることができるので、常温で保存してください。

 

■4:バジルは室内保存がよい

熱帯地方原産のハーブ、バジル。バジルは寒さに弱いので、冷蔵庫での保存は避けてください。水にさして室内保存でOKです。

 

意外と冷蔵庫で保存しているという食品が、多かったのではないでしょうか。冷蔵庫保存か常温保存かをきちんと分けることで、より美味しく食べることができます。冷蔵庫の中身を減らすと、電気代の節約にもなるので、ぜひ実践してみてください。

 

【関連記事】

要注意!夏に絶対入れちゃいけないお弁当のNG中身8つ

捨てるべきもので「弁当や水筒の汚れや臭い」をなくすナイスな方法

梅雨時は特に注意…健康な食生活ほど「むくみ」の危険性が!

「きのこ」が梅雨シーズンのダイエットに最適な理由4つ

※ 【動画あり】たるみ毛穴撃退!0円でお手軽「冷却マッサージ」ケア法