男も女もうっとり!思わず見惚れる「背中美人」になる4つの秘策

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水着や背中が開いたドレス、トップスを着る機会が増えるこれからの季節は、”背中”を露出することが増えてきます。

普段は、衣服で隠れているので、あまり気にしていなかったけれど、いざ人目にさらすとなると……と焦ってチェックをする方も多いのではないでしょうか? 

背中は面積が広く、トラブルが起こりやすいパーツです。「こんな背中、見せられない」と、直前に焦ることがないように、きちんとお手入れをしておきたいところ。

そこで、男も女も思わずうっとりするような”美人な背中”を作る方法を紹介します。

 

■背中のニキビ対策

背中は、常に衣服で覆われていて通気性が悪く、そのうえ皮脂分泌も多いため、ニキビができやすく治りにくいパーツです。背中ニキビを作らないためにも、下記の項目に注意しましょう。

(1)シャンプーやボディーソープの洗い残しに注意する。

(2)スポンジでゴシゴシ洗うのをやめる。

(3)脂肪分が多い食事は、皮脂分泌を活発化させるので控える。代わりに、ビタミンB2、B6、Cを含むものを取り入れる。

(4)同じパジャマを連続して着ない。

(5)汗をかいたらこまめに拭き取る。

 

■背中のシミ対策

背中にシミができる原因は、大きく分けて二つあります。

(1)紫外線

衣服を着ているときでも日焼け止めを塗る、UVカット素材のトップスを着るなどして、背中を紫外線から守りましょう。

(2)ニキビ跡の色素沈着

ニキビ跡の色素沈着は、なかなか消えませんよね。上記のニキビ対策を取り入れて、ニキビ自体を作らないように気をつけましょう。

すでにできてしまったシミには、美白成分が入った化粧水を使って、ケアをする必要があります。まず、蒸しタオルをあてて背中を温め、それから化粧水をたっぷり塗り、サランラップをのせてしばらく置いておくといいですよ。定期的にホームピーリングをして、肌の新陳代謝を上げるのも効果的です。

 

■背中の毛対策

背中は、”見えにくい””手が届きにくい””凹凸がある”ことから、自分で毛の処理をするのが難しいパーツです。カミソリを使って処理をするのなら、家族や彼にお願いしましょう。

それが恥ずかしいなら、除毛クリームを使うことをオススメします。除毛クリームなら、塗って洗い流すだけなので、自分で簡単に背中の毛を処理することができます。

ただし、露出直前の処理は、肌に刺激を与えることにもなりかねませんので、予定日より数日前に行うようにしてください。

 

■背中の肉対策

背中の筋肉は普段あまり使わないため、凝りがたまりやすく、リンパや血液の流れも悪くなりがち。すると、老廃物が滞って、脂肪がつきやすくなります。そうならないためにも、下記のエクササイズを習慣にしましょう。

(1)肩をグッと開いて、肩甲骨を寄せたら、10秒間キープする。

(2)次に、両腕を真上に伸ばして、腕をクロスする。

(3)手のひらを合わせたら、そのまま上体をグルっと大きく回す。(左右各10回ずつ)

 

以上、”美人な背中”になるための方法をお伝えしました。背中がキレイだと、女子力がぐんと上がりますよね。自信を持って背中を出せるように、毎日のお手入れを習慣にしましょう!

 

【関連記事】

※ 背肉や背ニキビの原因!「背中のこりをほぐす」たった2つの方法

※ 今さら聞けない小さな悩み…アノ部分の簡単なお手入れ法【背中ニキビ編】

※ 夏の薄着で見られている!おブスな背中をケアする3つのテク

※ 「ちょっと何これ!?」な脇の下のハミ肉を作っちゃうNG習慣3つ

※ 【動画あり】不器用さん必見!簡単こなれ「ポンパドール」の作り方