夏も体はブクブクむくんじゃう…絶対摂るべき「むくみ改善」フード

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体のむくみというと、寒い季節に血行が悪くなることが原因だと思われがちですが、実は”夏もむくみやすい”ということをご存知ですか? 

「夏は汗をかくし、そんなにむくまないでしょ?」と油断していると、顔や脚がパンパンなんてことにもなりかねません……。では、どうして夏もむくんでしまうのでしょうか? 

そこで今回は、夏に体がむくみやすい理由と、むくみの改善に役立つおすすめフードを紹介したいと思います。

 

■夏に体がむくむのはなぜ?

夏に体がむくむ主な理由は、下記の3つです。

(1)冷たい食べものと飲みもの

暑い日は、つい冷たい食べものや飲みものを選んでしまいがち。このような水分の摂り過ぎや体を冷やす行為は、むくみやすくさせるので気をつけましょう。

また、ビールが美味しく感じるからといって、味が濃い食べものとセットで楽しむことによって、塩分を摂り過ぎてしまい、体内の水分バランスが崩れて、むくみの原因になります。

(2)エアコンによる冷え

エアコンがきいた屋内で過ごし、体が冷えると、静脈の血流が悪くなります。すると、血流の循環が悪くなって、むくみやすくなります。その上、暑いからと屋内で過ごす時間が増えて、運動不足になると、ふくらはぎの筋ポンプ機能が働かなくなり、むくみスパイラルに陥ってしまいます。

(3)暑さで血管が広がる

夏の暑さで、静脈の血管が広がり、血液が逆流しやすくなることがあります。すると、血液中の水分が体内に漏れやすくなり、むくみの症状が現れます。

夏に体がむくむ理由がわかったら、次に、むくみを改善してくれる食べものをおさらいしていきましょう。

 

■むくみを改善するおすすめフード

(1)カリウムを含むもの

カリウムの利尿作用が、むくみの原因になる体内の余分な水分、塩分を排出してくれます。さといも、キノコ、キャベツ、わかめ、小豆、バナナ、キウイなどがおすすめです。

(2)ビタミンEを含むもの

ビタミンEには、血流の循環を促して、むくみを改善する働きがあります。ナッツ類、オリーブオイル、アボカド、かぼちゃなどがよいです。

(3)クエン酸を含むもの

クエン酸には、新陳代謝を促して血流を良くし、むくみを改善する働きがあります。梅干し、レモン、キウイ、トマトなどを摂りましょう。

 

以上、夏に体がむくむ理由と、それを改善する食べものをお伝えしました。普段の食事に取り入れて、むくみと無縁のスッキリボディを手に入れましょう!

 

【関連記事】

キラキラ女子は絶対やらない!「自分を劣化させる」NG習慣6個

鬼の形相になってる?「顔のこわばり」がほうれい線の原因だった

良かれと思っていたお手入れが「実は肌荒れを招く」NGケア法だった

スマホやPC使いでリスク増大!若くして老眼が進行する怖い事実

※ 【動画あり】不器用さん必見!簡単こなれ「ポンパドール」の作り方