えっ左右で臭いが違うの…「あなたの脇がクサい」のは右or左?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脇の下にかく汗は、左右同じ量で、臭いだって同じだと思い込んでいる方が多いことでしょう。

でも実は、左右で臭いのキツさが違うこともあるのです。自分の臭いが、右と左でどちらがよりキツいのか知っていれば、臭い対策だって万全にできるはず。

今回は、そんな脇の臭いに関する左右での違いについてご紹介します。

 

アポクリン汗腺の量や大きさは部位と人によって違う

そもそも脇の下にたくさん汗をかくのは、アポクリン汗腺という汗を分泌する器官が、たくさん存在するから。アポクリン汗腺は脇の下以外だと、耳の中や後ろ、性器周辺など、身体の特定の部分に分布しており、その量や大きさは部位によって異なり、個人差もあります。

アポクリン汗腺が大きく量もたくさんあれば、それだけたくさんの汗が分泌されます。分泌された汗そのものは、無臭なのですが、その汗を栄養にして細菌が繁殖してしまうと、臭いを発生してしまうのです。

 

利き腕の方がアポクリン汗腺が発達

では”左右で臭いが違うか?”という本題に戻りますが、アポクリン汗腺の量や大きさは、左右で違うことがあります。どちらか片方でアポクリン汗腺がより発達していれば、そちらの方が汗をたくさん分泌するため、臭いもきつくなる確率が高くなるのです。

一般的に、アポクリン汗腺が多いのは、利き腕の脇。これは利き腕の方が、たくさん動かす機会があり、成長過程でアポクリン汗腺も、利き腕の方がより発達していったものと考えられています。

とは言え左右の臭いで、まわりの人が感じるような極端な差が出ることは、ほとんどありません。ただ私たちが汗や臭い対策をするときに、ほんの少しだけ利き腕側の脇を慎重にケアするように、心がけてあげたらよいのではないでしょうか。

 

先に述べたように、汗そのものは無臭ですから、汗をかいたら長時間放っておくのだけはNG。すぐにタオルなどで拭うようにしておけば、気になる臭いだって抑えることができます。

まだまだ汗をたくさんかく季節です。上手に臭いと汗対策をしていきたいですね。

 

【関連記事】

恥ずかしくて挙動不審に!「ビッショリ脇汗」を隠す5つの簡単テク

足から強烈なニオイ!女性の50%が「足クサ」に悩んでいると判明

ワキが臭うor臭わないの違いは「耳垢のタイプ」でわかると判明

仕事中にできる!「ぽよ〜んとたるんだ二の腕」を引き締める方法

※ 【動画あり】不器用さん必見!簡単こなれ「ポンパドール」の作り方