出産間近のお腹にお絵描き!? 人気沸騰「マタニティアート」の魅力

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは妊娠してお腹が大きくなったときに、何をしたいですか? 携帯電話にカメラがついた現代では、写真を撮るなんて当たり前。今は出産間近の大きなお腹に、直接ペイントを施す”マタニティアート”が話題になっているのです! 

アメリカでも人気で、日本でも体験している女性が増え始めている、そんなアートをご紹介しましょう。

 

マタニティアートとは?

妊婦さんの大きなお腹に絵を描く、そのアートは、”マタニティアート”や”ベリーアート”と呼ばれています。肌にもやさしいボディペイント用の絵の具などで、思い思いのイラストをお腹に描いてもらいます。お腹の中で眠る赤ちゃんをイメージして描く人、花や空などを描く人などさまざま。

アメリカでは、日本人よりもやや過激なリクエストもあるようで、象や仏陀の絵をお腹に描くことをリクエストする人もいたりと、妊婦のさまざまな個性が光ります。

妊婦さんが実際に大きくお腹がせり出てくるのは、妊娠期間の後半。そんなわずかな時間を、何か形に残るようにしておきたいと思うのは自然なことで、マタニティアートを描いた後は、それを写真に撮って記念にする人がほとんどです。

 

マタニティフォトとどこが違うの?

妊娠中の大きなお腹のときにプロのカメラマンに写真を撮ってもらう”マタニティフォト”は、芸能人やモデルたちが雑誌上で体験するなど、少しずつ一般的になっているかもしれません。

マタニティアートでも、ペイントしてもらった後に写真を撮りますが、どんなイラストを描くか、妊婦さんや妊娠した夫婦の個性が出てくる点が、マタニティフォトとは違うところでしょう。

ユーモアたっぷりのお腹、ほんわかした雰囲気のお腹、芸術的なお腹……とさまざまに楽しむことができるのがマタニティアートなのです。

 

自分がまだ母親のお腹にいるときに、自分の母親や両親が、そんな風にして妊娠を楽しんだり、喜んでいてくれたとわかったら、これほどステキなメッセージはありませんよね。妊婦さんや妊娠したらあなたも、考えてみてはいかがですか?

 

【関連記事】

※ ストレスがあると不妊率は2倍!妊娠まで29%も長くかかると判明

※ いつかママに!妊娠力を上げるために今やるべき大事なこと3つ

※ 妊娠できるかも!赤ちゃんほしい人に最適なグッズ3つ

※ 【動画あり】不器用さん必見!簡単こなれ「ポンパドール」の作り方

※ やっぱり「骨盤」だった!ママになっても太りにくい人の共通点