「赤ワインvs.白ワイン」美容効果が高いのはズバリどっち!?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お酒の飲み過ぎは美容の大敵と言われていますが、ワインは適量飲むことで、美容に効果的ともされていますよね。赤ワインの健康効果は有名ですが、白ワインにも女性に嬉しい効果がたくさんあります。

ワインの専門家によると、直接的な長寿効果が確認できないという研究もありますが、日々の生活レベルで美容健康に良い成分が、ワインに多く含まれていることは事実。キレイになりたいけどお酒も飲みたい……という人はワインを選んで、上手に飲むことがおすすめだそうです。

そこで今回は、赤、白それぞれの美容健康効果と、飲み方のポイントについてご紹介します。

 

■アンチエイジングなら赤! 赤ワインの代表的な美容健康効果

(1)肌荒れの予防、肌のハリと潤いの維持

(2)細胞の老化抑制、生活習慣病の予防

(3)脂肪燃焼を促進

ワインに含まれるポリフェノールには、強い抗酸化作用が期待でき、体内で発生した活性酸素を除去する働きがあります。活性酸素は、細胞の正常な働きを失わせ、シミやシワといった肌老化を招いたり、生活習慣病を招くこともあります。そんな活性酸素を除去するため、若々しい肌や身体の維持に効果的です。

また、最近では赤ワインに含まれるピセアタンノールという成分が、脂肪細胞の成長を防いだり、ポリフェノールには、脂肪を燃焼してくれる“褐色脂肪細胞”を活性させる効果が、期待できると言われています。

 

■デトックスなら白! 白ワインの代表的な美容健康効果

(1)利尿作用、デトックス効果

(2)便秘解消

(3)健康な骨の維持

白ワインには、カリウムが豊富に含まれます。カリウムには利尿作用があり、余分な水分や老廃物が外に排出されるので翌朝のむくみ防止、デトックス効果が期待できます。また、“有機酸”という成分の含有量が多く、腸内環境を整える働きがあることから、お肌の大敵である便秘解消に効果的です。

さらに、白ワインはミネラルバランスが良いことも特徴のひとつ。カルシウム、マグネシウムが同じくらい含まれていて、骨を丈夫にする働きがあるともされています。

このようにどちらも嬉しい効果がありますが、飲み方を間違えると逆効果を招くことも。美容効果を期待するときは、下記で紹介する飲み方を参考にしてみてください。

 

■ガブ飲みは逆効果! キレイを生み出すワインの飲み方

(1)適量を食事と一緒に

赤、白ともに毎日グラス1~2杯程度が適量です。これを食事と一緒に飲むことがポイント。美容に良いとはいえ、アルコールですので飲み過ぎは逆効果。料理、会話とともにゆっくり楽しむのがおすすめです。

(2)赤ワインを飲んだら“歯の黄ばみ”を防いで

赤ワインは歯に色素が付着しやすく、放置すると歯が黄ばんでしまいます。飲んだあとは口を水でゆすいだり、傍らに水を置いて、時々口に含んで、色素が定着しないように意識すると良いです。

 

夏はビールをぐびぐび……も良いですが、ワインを上手に取り入れて、おいしくキレイになってくださいね。

 

【関連記事】

白ワインにも「赤ワインに負けない若返り効果ある」と判明

安くて超おいしい!酒屋が選ぶ「ご当地ワイン」ベスト10

これは驚き!赤ワインに「脂肪燃焼の効果」が解明される

普通のワインより「オーガニックワイン」の方が体にいい理由

【動画あり】不器用さん必見!簡単こなれ「ポンパドール」の作り方

 

【取材協力】

※ 上村謙輔・・・社団法人日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート 。ワインを楽しく記録できるレビューサイト『カーヴ』代表。 アプリなどを用いて、ワインの魅力を広めるために幅広く活動中。