顔の2倍も「紫外線を浴びている」危険な場所とは!?【パーツ別紫外線対策・2】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パーツ別の紫外線対策法をシリーズでご紹介していますが、前回の『リップケア』編につづき、今回は『ヘアケア』編をお届けします!

顔やボディの紫外線対策には気を配っていても、髪の紫外線対策については日頃あまり意識していない……という方は多いと思います。

でも実は、髪が浴びる紫外線の量は顔の約2倍以上といわれています。(※)毎日の通勤やショッピングの最中にも、紫外線はあなたの髪に降り注いでいるのです。肌だけでなく、髪の紫外線対策もぜひ習慣にしましょう!

 

■パーツ別紫外線対策その2. 『ヘアケア』

紫外線を浴びた髪はキューティクルが薄くはがれやすくなり、肌でいうと『キメのあれた状態』になります。さらにダメージが進行すると、切れ毛・枝毛の発生、髪のパサつき・ゴワつきといったトラブルを招くことに。

また、紫外線は髪の内部の色素にまで影響を与え、ヘアカラーの変色や褪色を引き起こします。カラーリングをしている髪はメラニン色素が少ないため、とくに紫外線のダメージを受けやすいこともわかっています。

夏の終わりには髪がパサパサ……なんていう悲しい事態を防ぐためにも、日傘や帽子を活用して、紫外線から髪をガードしましょう。

 

日傘は紫外線カット率の高い、濃い色で生地の厚いものを選ぶのがポイント。帽子は、頭に熱がこもって蒸れないよう通気性の良いものがおすすめです。つばが広めのものを選べば、髪だけでなく顔や胸元に当たる紫外線までカットできますね!

髪の長い人はシュシュやヘアクリップなどで髪をまとめて、紫外線が当たる面積を少なくするのも効果的。

また、最近では髪用のUVカットスプレーなども発売されていますので、毎日のケアに取り入れてみて。

 

【こんなアイテムも!】

アヴェダ『サンケア プロテクト ヘアヴェール』100ml/3,360円(税込)

手軽に使えるミストタイプの洗い流さないトリートメント。お出かけ前にひと吹きするだけで、紫外線などの外的刺激から16時間も髪を守ってくれます。エッセンシャルオイルの甘く爽やかな香りがふわっとほのかに香って、1日中快適に過ごせますよ。

次回は、パーツ別紫外線対策『ハンドケア』編をお届けします!

 

【参考】

ヘアケア|製品情報|AVEDA Japan

 

【関連記事】

※ シミひとつない「美女な唇」をキープ!【パーツ別紫外線対策・1】