8kg減&16年リバウンドなし!「さつまいも」のミラクル減量パワー

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美肌、整腸、ダイエット効果もあるスイーツ、夢のような甘味が身近にあったのをご存じですか? それはずばり、さつまいもです! 

そのさつまいもの美容効果について、『美レンジャー』ライターで、『朝さつまいもダイエット 体重8kg減&16年リバウンドなし!』の著者でもある鈴木絢子さんに、今回お話を伺いました。

ダイエットにも良さそうだけどカロリーも多そう。そんなイメージが払拭される本書は、さつまいものミラクルパワーを余すところなく紹介しています。

 

■8kg痩せて16年間リバウンドなし!

著者である鈴木さんは、自身が毎朝さつまいもを食すことを実践しています。なんとそれを16年間続けてウエスト58cmという抜群のスタイルを現在もキープ中! さつまいもを食べ始めた17歳のときに半年で8kg減量し、それ以来リバウンドしていないそうなのです。

朝にさつまいもを食べて、昼夜のどちらか一食もさつまいもにする。それ以外の食事は、好きなものを食べても良いというのが柱になっています。さつまいもは、成人にはもってこいの準完全栄養食品だったのです。

 

■あまり知られていない”痩せ効果”成分を紹介

さつまいもは、食物繊維が豊富なことはよく知られています。でも、炭水化物も多いはずのさつまいもがどうして美容に良いのか不思議ですよね。実は、炭水化物が含まれていることも、リバウンドを防ぐ大切なポイントなのです。

炭水化物や糖分抜きダイエットを行った場合、止めるとすぐにリバウンドしてしまいます。しかし、さつまいもには元々それらが含まれているので、ダイエット目的でのさつまいも食を止めたとしても、リバウンドの心配はありません。

加えて下記のような成分が、体の調子を良くしてくれています。

(1)食物繊維と合わせ整腸作用を促す”ヤラピン”

ヤラピンとは、さつまいもにしか含まれていない成分のことです。切った時に出てくる、ぬるぬるした白い液体で皮と身の間に含まれるので、皮ごと食すのがおすすめだそう。食物繊維との相乗効果で整腸作用を促します。

(2)糖の吸収を抑制する”クロロゲン酸”

脂肪を燃焼する成分として、特定保険用食品(トクホ)としても知られるようになりました。コーヒーにも多く含まれていることが有名ですが、さつまいもの皮にも入っている美容成分です。

(3)デトックス効果がある”カリウム”

ナトリウムの排出を促し、むくみ防止につながります。腸内の筋肉の収縮を促進するので、便秘解消にも役立ちます。

(4)代謝アップに役立つ”ビタミンB群”

ビタミンB1は、糖分をエネルギー源に変えるのを助けるビタミンです。ビタミンB2は脂肪を燃焼させ、不足すると肌荒れや髪のトラブルを招きます。

 

■ふなっしーとさつまいもがコラボ!

ふなっしーがスイートポテトに!美容効果満点の甘味決定版少し火を通せば、すぐに食べられるのが、さつまいもの良さです。しかし、調理ができない仕事中に小腹が空いたら……。

なんとこの度、本物の梨果汁とスイートポテトがコラボした商品が発売! これならどこでも手軽に、さつまいもの栄養パワーを摂取でき、美味しい甘味のご褒美を自分にあげられますね。パッケージのふなっしーも、とってもかわいいです!

 

さつまいもを食べて美しさをキープしている、さつまいも親善大使の鈴木さんが監修しているので、きっとあなたの美容にも良い効果がありそうです。いくら体に良いからといっても、食べ過ぎには注意してくださいね。

 

【関連記事】

女性の5割以上が便秘!たった1日でスッキリさせる魔法の食材とは

ゼロカロリー食品はNG!ダイエットがうまくいく「太らない食材」

小腹がすいたらコレ!「我慢しなくていい」太らないおやつ10選

※ 【動画あり】全方位で美人!簡単「フィッシュボーン」ヘアアレンジ術

イメージと大違い!食べても脂肪が増えない「イモ」の隠れた魅力

 

【参考】

※ 鈴木絢子(2013) 『朝さつまいもダイエット 体重8kg減&16年リバウンドなし!』(SBクリエイティブ)