絶対NG!頑張るほど「おデブに逆戻りする」やり損ダイエット5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今まさにダイエット中だという方、そのダイエット法は本当に正しいものですか? いくら体重が落ちたとしても間違ったダイエット法では、元の体重以上に太ってしまったり、悲劇のリバウンドの原因に……! 

そこで今回は、“やり損なNGダイエット5つ”をご紹介します。

 

■1:あからさまに食事の量を減らす

ダイエットといえば、手っ取り早いのが“カロリー計算”ですよね。しかし、ダイエット中の理想的な摂取カロリー1,300kcalを下回ってしまうと、カラダの筋肉が落ちて基礎代謝が下がり、かえって痩せにくい体質を招いてしまいます。栄養不足から体調を崩してしまうことがあるので、あからさまな食事減量は、要注意です。

 

2:糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットとは、私たちに必要な栄養素の1つ、糖質を抜くダイエット法です。栄養バランスが崩れるだけでなく、ダイエット後は、カラダが糖質を吸収しやすくなり、すぐにリバウンドしてしまうこともあるので、気をつけてください。

 

■3:プチ断食

週末を利用した1~3日程度のプチ断食。最近では、ファスティングダイエットとも呼ばれ、体内をリセットさせるなどして人気を博していますよね。

しかし、プチ断食ではカラダが餓死状態と判断してしまい、カラダの生命維持機能“ホメオスタシス”によって、断食後の摂取カロリーをより多くカラダに取り込もうと、リバウンドしやすい状態を作り出してしまうのです。極端な断食は、避けましょう。

 

■4:低インシュリンダイエット

白米や食パン、うどんなどGI値(グリセミック指数)が高い食品を避けることで血糖値をコントロールし、脂肪細胞の蓄積を防ぐ低インシュリンダイエット。しかし、GI値が低い食品では消化吸収が遅くなり、胃腸に負担がかかりやすくなってしまうこともあるので、注意しましょう。

 

■5:一品ダイエット

りんご、バナナダイエットなど、予め食材を指定したダイエット法ですが、食事制限と同様に基礎代謝を低下させて、痩せにくくしてしまう恐れがあります。

 

ダイエット中だから食べないというのは、1番危険! 筋肉が減って基礎代謝が下がると、リバウンドしやすくなるだけでなく、それ以上に体脂肪が増加しやすくなってしまいます。ダイエット中でもバランスの摂れた食事と運動で、筋肉はキープしながらキレイに痩せちゃいましょうね。

 

【関連記事】

※ これだけは絶対やめて!「あっという間にデブる」断固NGな食べ方

※ 【動画あり】たるみ毛穴撃退!0円でお手軽「冷却マッサージ」ケア法

※ 食べていないのに太ってしまう人がやりがちなNG食習慣3つ

※ 頑張ってるのに太る「間違いだらけ」の危険なNGダイエット3つ

※ 気づいたらサリーちゃん足に!足首がどんどん太くなるNG習慣5つ