究極の美容食はカレー!「幸せホルモン」が豊富に入ってるんだって

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏になり、暑くなってくると無性にカレーが食べたくなってきませんか? 実は、カレーを食べることは、とても良いことで、“幸せになれる”メニューなのです。

というのも、カレーには別名“幸せホルモン”と呼ばれる“セロトニン”が多く含まれているからなのだそう。一体どういうことなのでしょうか。

今回は、レシピサイト『Nadia』で”バリ猫”の愛称で人気を集めている、料理家の吉田由季子さんに、“幸せになるセロトニン”について、詳しく伺ってきました。

 

■セロトニンとは?

“セロトニン”とは、脳内の神経伝達物質の1つで、精神の安定や安らぎをもたらしてくれる物質のことです。そのため、“幸せホルモン”と呼ばれているのだとか。

これが不足してしまうと、イライラしやすくなったり、気持ちがモヤモヤしたり、不眠などの症状が出てきます。うつ病も、このセロトニンが分泌できなくなる機能不全であって、心の病気というわけではないという話もあります。

 

■セロトニンの効果

(1)精神を安定させる

セロトニン神経が活性化されると、嫌なことがあった時も必要以上に落ち込まない、緊張する場面でもあがらない、などのストレスに動じない心になれます。つまり、セロトニン神経は、心の平常心を保ってくれる働きをするのです。

(2)快眠と朝の目覚めを良くする

セロトニン神経を活性化させることで、“夜はぐっすり眠り、朝はすっきり起きる”という好循環を作ることができます。セロトニン神経は、朝起きた時に、脳内セロトニンの分泌を始めるので、よりしっかり活性化させるためにも、朝食を摂ったり、日光を浴びることをおすすめします。

(3)若々しくキレイになる

セロトニン神経が弱っていると、姿勢が悪くなったり、顔にしまりがなくなったり、実年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。セロトニン神経は、姿勢を保ち、重力に逆らって動く“抗重力筋”に働きかけてくれるのです。

目がぱっちりとして、頬や口元にしまりが出て、すっきりさわやかな顔になります。また、背筋がしっかりと伸び、脚の筋肉もまっすぐになるのです。セロトニン神経が活発化することは、見た目が若々しくキレイになれるというわけです。

 

■カレーを食べたら“幸せになる”!?

写真 2“幸せホルモン”と呼ばれる“セロトニン”の95%は、“脳”ではなく“腸”から出ていることが研究で判明しているそうです。

さらに、腸からセロトニン分泌指令を出すのに最適な食品は、“カレー”であるともされています。スパイスを多く含み、たんぱく質、脂質、炭水化物がバランスよく摂取できるカレーは、腸を温める効果が高いので、腸からセロトニンが多く分泌されるのです。

小麦粉がふんだんに使用されている市販のカレールーを使ったものではなく、インドカレーなど、スパイスを混ぜ合わせた本格的なカレーが効果的。“薬膳カレー”と呼ばれるカレーは、身体に良いだけではなく精神面にも効く万能食なわけですね。

もちろん、小麦粉がメインではなく、スパイスが豊富なものであれば、市販カレーでも大丈夫ですよ!

 

“カレーを食べたら幸せホルモンが分泌する”とは意外でしたね。女性は、セロトニンの分泌量が男性より少ないため、男性よりもストレスを感じやすいようです。

セロトニンが不足していると、マタニティブルーや産後うつを引き起こす原因にもなるそうなので、妊娠中の方は特に、このセロトニンを分泌させることを心がけてみてください。

 

【関連記事】

※ 毎日アレを食べると「シミがなかったこと」になる優秀食材とは?

※ 納豆は朝食べるよりも「夜のほうが断然良い」その本当の理由とは

※ 意外と知られていない!美容に「良いとこ取りドリンク」厳選10個

※ 「シミがなかったこと」になる優秀食材のアンチエイジングレシピ

※ 【動画あり】不器用さん必見!簡単こなれ「ポンパドール」の作り方

 

【取材協力】

※ 吉田由季子・・・スパイスコーディネーター協会にてスパイスクッキングアドバイザーの資格を取得。スパイスのことなら、この方と、誰もが認めるスパイスレシピの達人。料理教室『spice kitchen』で講師を務め、レシピ考案、提供など、幅広く活動している。料理ブログ『楽しいキッチン』も人気。また、レシピサイト『Nadia』でも、スパイスを使用した料理の他、簡単で美味しいレシピを紹介し、多くの方から支持されている。