食べる順番だけじゃない!痩せるには「食前の時間」が大事だった

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、”食べ順ダイエット”や”ベジタブルファースト”という言葉を耳にします。これは、食事の摂り方を工夫することでダイエットが可能というもの。気軽に取り入れやすいため、実践している方も多いと思います。

こうした流れの中、最近のダイエットでは食べる時間、特に食前の時間にも注目が集まっています。

そこで今回は、トレンド総研が20〜40代の女性500名を対象に行った「食事習慣・第2のシンデレラタイム(食前の時間)」実態調査を基に、食べ順ダイエットやベジタブルファーストのメリットと、食前の時間の実態についてご紹介したいと思います。

 

■食べ順ダイエットやベジタブルファーストが体によい理由とは?

2上記の調査で、「食べる順番は大切だと思いますか?」と質問したところ、86%の人が「当てはまる」と回答。また、「食べる順番を意識したことがある」(74%)、「ベジタブルファーストという言葉を知っている」(76%)という回答も得られ、最近はダイエットにおいて、食べる順番が大事だと浸透していることが伺えます。

食べ順ダイエットもベジタブルファーストも、両方とも野菜を先に食べることを推奨していますが、その理由は体内で消化されず排泄される栄養素である食物繊維が、野菜には多く含まれていることが挙げられます。

食物繊維が豊富なことから、唾液や胃液により、胃が膨張するため満腹感が得やすいと言われているのです。

また、腸で余分な脂質の吸収を邪魔して、糖質の吸収を緩やかにしてくれる働きがあります。特に、生野菜はしっかり噛まなければ飲み込めないので、自然と噛む回数が増え、咀嚼することで満腹中枢を刺激し、食べ過ぎ防止を期待できます。

 

■食前の時間もダイエットには大切!

食べる順番について意識が高まる中、今後注目したいのは”食前の時間”です。

脂肪のつかない体を作るためには、血糖値の急激な上昇を抑えることがポイント。食事を摂ると、どうしても血糖値が上がってしまいますが、野菜を先に食べることで血糖値上昇を緩やかにすることができます。

ただ、忙しくて規則正しくご飯が食べられない時は、何も気にせず血糖値が急上昇するものから食べ始めちゃったりしませんか?

深夜0時前後の睡眠を取るべき時間帯のことを、シンデレラタイムと言いますが、美容と健康のことを考えると食前の時間(食事と食事の間の時間)は、“第2のシンデレラタイム”なのです。

急激に血糖値が上がる食べ物を口にしないためにも、小腹が空いた時、食前の時間に何か少し口に入れておくとベター。最近では、カロリーコントロールに役立つサプリメントやドリンクが増えていますが、手軽なところでは野菜ジュースがオススメ。できれば食物繊維が多く含まれていて、塩分が少ないタイプを選ぶようにしましょう。

 

ダイエット成功の鍵は、食べる順番だけではありません。食前の時間、“第2のシンデレラタイム”の過ごし方を見直して、美肌と健康を手に入れましょう!

 

【関連記事】

※ 太りにくい身体になる!「食べる前に食べる」9つのオススメ食材

※ リバウンド知らず!食事のみでダイエット効果を出す「基本のき」

※ いつの間にかおデブに…「ながらご飯」で気をつけるべき食べ方3つ

※ 食べ過ぎちゃったってときに頼りたい「おデブ知らずのお茶」6つ

※ 【動画あり】たるみ毛穴撃退!0円でお手軽「冷却マッサージ」ケア法

 

【参考】

「食事習慣・第2のシンデレラタイム(食前の時間)」実態調査 – トレンド総研