おなかポッコリの元凶!女性を悩ます「生理前便秘」ってなんだ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の悩みで多いと言われているのが、便秘。男性より悩む方が多いとされているのは、女性ホルモンによる影響があるとも考えられています。

今回は、あるアンケートを基に、女性の便秘の原因や改善策をお伝えします。

 

■便秘で気分もトーンダウン気味に

女性の悩みのワースト5に入るともされる便秘。20代から30代の便秘に悩む女性500名を対象に、武田薬品工業が行った調査によると、中でも女性特有の生理前の便秘への悩みが明らかになっています。

便秘による悩みは、肌荒れやポッコリお腹と外見上のことから、「旅行に行く時も不安がつきまとう」(51%)、「仕事に集中できない」(34%)、「食事会に気が乗らない」(28%)など、気分も沈みがちになるものです。 

中には、「便秘でおなかがぽっこり出てデート用に買ったショートパンツがはけなかった」(新潟県・29歳)、「便秘でトイレにこもっていたら、バスに乗り遅れた」(広島県・26歳)など、苦い思いや失敗談のある人もいるそう。女性なら経験あるかもしれませんね。

 

■生理前の便秘の原因は女性ホルモン

3

上記の調査では、便秘に悩む女性のうち、6 割以上が、生理前に便秘になることがあるとわかっています。婦人科クリニック『アヴェニューウィメンズクリニック』の福山千代子院長は、生理前の便秘のメカニズムについて、

「女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)には、大腸の蠕動運動を低下させる作用があり、生理前は女性ホルモンの影響で、便秘になりやすいことがわかっています。便が腸内に長く停滞することになり、便に含まれる水分量が減って硬くなったり、排便されにくくなったりして、便秘になってしまうのです」と話します。

プロゲステロンは、排卵から生理開始前にかけて分泌量が増える女性ホルモンで、妊娠を維持するために、受精卵が着床しやすいよう子宮内膜を厚くしたり、妊娠に向けて最適な子宮環境に整えたりする働きがあります。

加えて、妊娠に備え、水分や栄養分を体内に蓄える作用もあることから、腸内の水分が体内に吸収され、便がカチカチになり出にくくなるのだそうです。

 

■ 生理前の便秘の予防法

(1)腹筋を鍛える

女性は、腹筋が弱いことも便秘の一因。日頃から腹筋運動をして鍛えましょう。ウォーキングなどの全身運動も大腸の働きを活発にします。

(2)食物繊維を摂る

食生活では、野菜など食物繊維の豊富なものを積極的に摂るのがおすすめ。食物繊維は、人間の消化酵素では消化されない成分で、胃で溶けずに大腸まで届くので、便のカサを増し、大腸を刺激することになります。

(3)硬水を飲む

マグネシウムが多めのミネラルウォーター(硬水)は、便の水分量を増やし、柔らかくする作用が期待できます。

(4)腸マッサージ

お腹を温めたり、おへその周りを”の”の字にマッサージしたりすると、腸の移動もスムーズになるため効果的です。

 

あなたの便秘に周期性があったら、女性ホルモンの影響を受けているのかもしれません。生理の開始とともに改善されることが多い生理前の便秘ですが、便秘が続く場合は生活習慣を見直すことも賢明です。

 

【関連記事】

便通にお悩みの女子注目!しぶとい便秘には「腸を温める」が正解

PC漬けの人注意!「テクノストレス」が原因で起こる危険症状7つ

女性の5割以上が便秘!たった1日でスッキリさせる魔法の食材とは

下剤が効かない…便秘女子が知っておくべき「下剤のウソ&ホント」

※ 【動画あり】たるみ毛穴撃退!0円でお手軽「冷却マッサージ」ケア法

 

【参考】

便秘に関する調査 – 武田薬品工業