ビタミンCと言えばレモンは時代遅れ?白雪肌をキープするなら●●がオススメ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月は祝日が多いため、レジャーや旅行を思い切り楽しんだ方も多いのではないでしょうか。また、これからは海や野外フェスなどのイベントも増えるので、屋外で過ごす機会がグーンと増えますよね。

そこで気になるのが、いよいよピークを迎える紫外線……。「まだ春だし」と油断することなく、外側からはもちろん内側からも徹底的に紫外線対策をしたいところ。とはいっても、「内側からの対策ってどうしたらいいの?」という方も多いと思います。

そこで今回は、アクティブ女子必見! 紫外線に負けないために毎日摂るべき栄養素についてお話していきたいと思います。

 

■アクティブ女子には“ビタミンC”が200~500mg必要だって知ってた?

紫外線対策に有効な栄養素の代表といえば、やはりみなさんご存知の“ビタミンC”。ビタミンCには、紫外線によって発生する肌荒れや炎症を引き起こす活性酸素を抑え、肌のハリの元となるコラーゲンの合成を促進する作用があります。

簡単にいうと、ビタミンCにはシミやしわ、たるみ、ニキビなどの肌トラブルを抑制する働きがあるということです。

ビタミンCの1日の栄養所要量の目安は100mgなのですが、夏は200mg、「この夏の予定はもういっぱい!」いうアクティブな方の場合は、500mg程度摂取したほうがいいといわれているんですよ。

でもビタミンC500mgはレモンだと約10個。(※1)これを1日に食べるのは難しいですよね。そうなると、「ビタミンCを効率的に摂るにはどうすればいいの?」ということが気になりますよね。

実は筆者、14年間にわたり “アセロラ”にハマっているのですが、アセロラはビタミンCを大量に合成しており、その含有量は100gあたり1,000~2,000mg!まさに、”ビタミンCの宝庫”といっても過言ではありませんよね。しかし、残念ながらアセロラの果実はなかなか販売されていません……。

それなら、アセロラが加わったヨーグルトやドリンクを毎日の生活に取り入れちゃいましょう。

 

■アセロラとクランベリーで美味しくキレイに!

そこでご紹介したいのが森永乳業の『森永アロエヨーグルト +な素材』シリーズ。森永アロエヨーグルトといえば、美容や健康に良いと言われているアロエベラを使った素肌美系ヨーグルトの代表です。みなさんもご存知ですよね? 

アロエベラは昔は火傷に塗ったり胃腸薬として使われたりしていましたが、今では化粧水やパック・入浴剤などにも使われるくらい美容や健康に良いと言われている素材です。

そんな森永アロエヨーグルトに、『+な素材』という、アロエに今話題のパワーフルーツを加えた新シリーズが登場! 今回はアセロラ&クランベリーが期間限定で仲間入りしたというので、アセロラ好きの筆者としてはご紹介しないわけにはいきません!

今回発売された『森永アロエヨーグルト +な素材 アセロラ&クランベリー』というこのヨーグルトには、上記でお話したアセロラだけではなく、”ビタミンC”や“プロアントシアニジン”という抗酸化力が強い特有のポリフェノールを含むクランベリーが入っていますので、女性に嬉しいヨーグルトなのです。

食べるタイミングに実はポイントがあって、ビタミンCの吸収量が多くなる満腹時に食べるのがオススメです!

『森永アロエヨーグルト +な素材 アセロラ&クランベリー』は、8月下旬までの期間限定商品。紫外線が気になる季節、美味しくキレイになれるのだったら一度試してみるしかないですよね。

 

外側だけでなく内側の紫外線対策も意識して、夏に負けない白雪肌をめざしましょう!

 

【参考】

「森永アロエヨーグルト +な素材 アセロラ&クランベリー」 – 森永乳業株式会社

※1 日本食品標準成分表2010 レモン果汁、生の場合のビタミンC含有量より