彼の胃袋を鷲掴み!モテ女子がやってるご飯を美味しく炊く裏ワザ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人なら、やっぱり白いご飯が美味しく炊けると嬉しいですよね。男性ならなおさら、ツヤツヤと光って、ほどよくもっちりしたお米が出されれば喜ぶはず。

古い米や安い米でもちょっとした工夫で、男性が「おっー!」と一目置く、美味しい米にできるのです。そんな簡単な必殺技を5つご紹介しましょう。

 

■1:最初の水はすぐ捨てる

米は長く乾燥した状態にあるため、水を注ぐとすぐにその水分を吸収してしまいます。ただ、最初に米を洗うときに注いだ水は、一番汚れやごみが出やすくなります。そんな汚れた水を米が吸収しては、美味しい米は炊けません。

最初に入れた水は、すぐに捨てるのがコツです。

 

■2:炊く前に米を吸水させる

米を洗ったらすぐに炊かないで、30分ほど水につけてあげると、米がだんだんと水分を含んでいきます。

精米してから時間が経った米や古い米は、特に乾燥が進んでいるため、このステップを踏むことで、より水分を含んだ美味しいお米に近づけることができます。

 

■3:オリーブオイルを加える

上記は下準備ですが、ここまでできたら、後は炊くときにできるプラスアルファの情報です。米2合に小さじ1杯程度のオリーブオイルを加えて、普段と同じように炊飯器のスイッチを入れて炊くと、ツヤツヤの美味しいご飯に炊き上がります。

サラダオイルでも代用できますが、体に良いオリーブオイルの方が、女性は抵抗なくできるでしょう。

 

■4:みりんを加える

上記のオイルと同じように、みりんを米2合に対して小さじ1杯程度加えても、ふっくらとツヤのあるご飯になります。

米をしゃもじで混ぜたときにも、お米の一粒一粒がもっちりとなって炊けているのがわかるでしょう。

 

■5:餅米を混ぜる

餅米を1割程度混ぜて、一緒に炊くという裏技もあります。1割程度加えただけなら、炊けたご飯を食べても、餅米が混ざっているとは気づきにくく、その上もっちりとした食感を楽しむことができます。元気をつけたいときにもピッタリです。

 

わずかな水加減ひとつでも微妙に味が変わってくる、ご飯の炊き方。どれも簡単にできることですから、一度試してみてはいかがですか?

 

【関連記事】

食べるだけで胸が大きくなる!超簡単ハワイ式の丼ごはん

※ 【動画あり】のっぺり顔卒業!立体感と美肌を作る「コンシーラー」術

たった5分で調理OK!忙しい朝でも栄養満点アレンジトースト5つ

今すぐ改めないと危険!30代がやりがちな最悪な食習慣の実態とは

腸を鍛えないとドロドロの血液に!すぐできる「腸活習慣」5つ