たった10分!自分でできるプロ直伝の「お呼ばれヘア」の作り方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式に出席するとき、美容室で髪をセットしてもらう女性は少なくないでしょう。しかし、美容室に行く時間がとれない場合もありますよね。

そんなときに何もアレンジできなかったとなると、華やかなドレスと髪型がチグハグになり、周囲から「どこかダサイ……」と思われてしまう可能性があります。多くの人の写真に残る結婚式だからこそ、ドレスだけでなく髪型にもこだわりたいもの。

そこで今回は、自分で簡単にできるお呼ばれヘアの作り方をご紹介します。

 

■“がんばってます感”なしのラフなまとめ髪が旬

『AneCan』『CanCam』などの女性誌でもヘアメイクを担当されている、『HAIR DIMENSION 青山』のスタイリスト、RYOさんにお話をうかがったところ、今のトレンドは“こなれ感”。パーティヘアも盛り過ぎたり、ぴっちりまとめるよりも、あえてラフにまとめる方が、今風でオシャレに見えるそうです。

それでは下記で、RYOさんおすすめの、誰でも簡単にできるパーティヘアを紹介しましょう。

 

■こなれ感たっぷりの簡単パーティヘア

作り方は驚くほど簡単です。写真を参考に一緒にトライしてみてください。もし、ポニーテールが上手に作れないという方は、『美レンジャー』の過去記事「劇的に可愛い!美容師が教える”夏モテポニーテール”全プロセス」をご覧ください。

(1)ポニーテールでまとめた毛束を2~3回ゆるくねじります。キツくねじってしまうと、バレリーナのようなピッチリとした仕上がりになるので、ここではあえてゆるくねじって、ラフさを出します。

(2)ねじった毛束をゴムの根元に巻きつけます。このときもきっちりではなく、ゆるく巻きつけるようにします。このとき、写真の星印部分を軽く手で押さえて巻きつけると、仕上がりの形がよりキレイになります。

(3)巻きつけたら毛先をピンで固定します。巻きつけたおだんご部分を4~5ヵ所程度ピンで頭部に固定し、動いても崩れにくくします。

(4)おだんご部分から少量ずつ毛束を指でつまんで出し、ルーズ感を演出します。バランスを見ながら数ヵ所引き出します。

(5)飛び出した毛先は、少量ずつねじってピンでおだんごまわりに固定します。最後に全体のバランスを見て、トップやサイドから髪の毛を引き出してルーズに仕上げたら完成です。

髪をラフに巻きつけるだけで、“がんばってます感”のない、こなれたパーティヘアがあっという間にできます。

 

結婚式以外でも、仕事中はポニーテール、アフター7はパパッとひと手間加えるだけでちょっとしたパーティやイベントにも使えます。簡単でオシャレ感が出るので、是非試してみてくださいね。

 

【関連記事】

「え…それもダメなの!?」実は結婚式ではNGなファッション8つ

高垣麗子に学ぶ!イベントで差をつける「クッキリ顔メイク」テク

ひなのも実施!ハワイウェディングを「破格で叶える」意外な方法

※ 【動画あり】男性ウケ抜群!老けて見えない「すっぴん風メイク」の正解

 

【取材協力】

※ RYO(リョウ)・・・人気ヘアサロン『HAIR DIMENSION 青山』スタイリスト。山野美容芸術短期大学卒業後、HAIR DIMENSIONに入社。サロンワークの他、講習、セミナー、一般誌の撮影時のヘアメイクなど幅広く活躍中。