これはアウト!生理痛をさらに重くする「避けるべき食べ物」4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎月やってくる”生理”。この期間中は、「生理痛が重い」「イライラする」「だるい」と感じて、様々な不調に悩まされる女性がほとんどだと思います。

特に、生理前半に起こりやすい薬を飲まないと耐えられないような生理痛は、本当につらいですよね。実はこの痛み、食生活と関係があるってご存知ですか?

そこで今回は、”生理痛を悪化させる4つの食べ物”についてお話していきます。

 

■1:痛みを悪化させる”肉類”

生理前から生理前半にかけては、子宮内膜からプロスタグランジンというホルモンが分泌されます。このプロスタグランジンには種類があるのですが、子宮を収縮させて痛みを感じさせるのがプロスタグランジンE2。この分泌量が増えると生理痛が悪化します。

肉に含まれるアラキドン酸はプロスタグランジンE2を作り出すので、生理前から生理中にかけての摂取は控えたほうがよいです。

 

■2:血液循環が滞る”スイーツ”

ケーキやチョコなどの甘いものをたくさん食べ過ぎると、血液中に血糖、中性脂肪が増え、血行が悪くなるとされます。この影響で、骨盤内の血液循環も滞ってうっ血し、生理痛が悪化します。

生理中のスイーツは、なるべく避けましょう。

 

■3:体を冷やす”小麦”

パスタやパン、うどん、ラーメンなどの小麦を使った食材には、体を冷やす性質があります。体が冷えると、腹部の痛みや頭痛などを招きます。

生理前から生理中は、小麦より米を意識した食事をしましょう。

 

■4:血行が悪くなる”カフェイン”

コーヒーやお茶に含まれるカフェインは、血管を収縮させて血行を悪くします。その結果、体が冷えて生理痛を悪化させることに。

生理中にオススメなのは、鎮痛作用があるカモミールティーのようなホットドリンクです。冷たいドリンクが好きな方も、この期間はホットドリンクを飲むように心がけましょう。

 

生理痛をさらに悪化させる4つの食べ物を紹介しました。「もう鎮痛剤に頼りたくない!」と思っている方は、参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

カラーリングやムダ毛処理…「生理中に体が悲鳴をあげる」NG行動

多くの女性が臭いとムレに悩んでる!憂鬱な生理中のNG習慣とは

※ 【動画あり】のっぺり顔卒業!立体感と美肌を作る「コンシーラー」術

メッチャ見かける!現代女性がやりがちな「体が歪む」NG悪癖3つ

あの簡単ポーズをするだけ!「1日1分でできる」身体の歪み改善法