顔全体をカバーするファンデの必要量は「パフ何回分」が正解か?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パウダーファンデーションを使用するとき、パフで何回ファンデを取り直していますか? 実は、顔全体を覆うのに必要なのは、たった2回分の量で十分なのです。それ以上つけると、厚塗り感が出てしまったり、肌トラブルが逆に目立つ可能性も……。

その他、残念なファンデの使い方をしている女性は、意外と少なくありません。優秀なアイテムを購入しても、使い方に問題があると効果は半減してしまいます。

そこで今回は、今一度見直したいパウダーファンデのNG使いと、キレイに仕上げるコツをご紹介します。

 

■やってはいけない”ファンデのNG使い”3つ

(1)ファンデを何度もパフに取る

ファンデを何度も取ってはつけ、取ってはつけを繰り返すことで、顔が粉っぽく厚塗りになってしまいます。また、重ねるほどに崩れやすくなってしまいます。

(2)顔の隅々まで塗り込む

髪の生え際、フェイスラインまでしっかり丁寧に塗り込むのはNG。顔に立体感がなくなり、厚塗りな印象になってしまいます。

(3)目元や口元をカバーし過ぎる

特に、目や口のまわりはトラブルが出やすい部分です。しかし、それを隠そうとして何度もファンデを重ねるのは逆効果。目や口はたくさん動く部分なので、厚く塗るとすぐに崩れてしまったり、小じわに入り込んで逆に目立ってしまいます。

これらを踏まえ、キレイに仕上げるためのコツをご紹介します。

 

■キレイに仕上げる3つのルール

(1)下地とファンデはセットで使用する

同じブランドの下地とファンデは、凸凹がピタッとくっつくように、互いがキレイに密着するようできています。同じブランドのものを使用した方が、よりキレイに仕上がるのでおすすめです。

(2)半顔に使用するのは“パフ1回分”のファンデの量で十分

パフ1回分のファンデの量で、十分に半顔をカバーすることができます。面積の広い頬や額から順に、目、鼻、口元をカバーしていきます。このとき、パフで叩き込むのではなく、パフを肌の上に滑らせ、ファンデを置いてくるようなイメージで、力を入れずにつけるとキレイに仕上がります。

シミやクマが気になる場合は、コンシーラーで部分的にカバーし、ファンデは塗り過ぎないようにすると崩れにくく、ナチュラルに仕上がります。

(3)覆うのは顔の中心だけでOK

ファンデは、顔の中心のみカバーするだけで十分です。生え際やフェイスラインは、カバーしなくても十分キレイです。逆にカバーしてしまうと顔の立体感が失われてしまうので、生え際やフェイスラインは、パフに残ったものをなじませる程度で十分。ただし、日焼け止めはしっかり塗ってくださいね。

 

以上、パウダーファンデーションをキレイに仕上げるコツをご紹介しました。夏場は汗や皮脂でメイクが崩れやすい時期なので、このタイミングで使い方を再度見直して、崩れない美肌をキープしてくださいね。

 

【関連記事】

※ 【動画あり】のっぺり顔卒業!立体感と美肌を作る「コンシーラー」術

いつものメイクにチョイ足しで「北川景子の目」になれる極意4つ

痛い人認定されてるかも!すぐ直したいやりすぎ勘違いメイク6選

これはイタイ!実は「目を小さく見せてる」勘違いNGアイメイク

「夕方お疲れ顔」をパッと明るくさせる魔法のメイク直し術