知ってる人だけが得をする「体内の余分な水」を除湿する簡単な方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨時になると「なんとなくだるい……」「寝込むほどではないけれど元気が出ない」など、はっきしない梅雨空のように、原因不明の不調に陥りやすいですよね。

それは体内に、余分な水分が溜まってしまっているせいかもしれません。そんな不要な水分を排出して、不調を乗り切るための方法を、食材にスポットを当ててご紹介します。

 

体内の不要な水分が原因で起こる”だるさ”

梅雨時にだるさを感じる身体の状態を、東洋医学では、”湿邪(しつじゃ)”と言い、体内に余分な湿(水分)があることが原因だと考えられています。

水分の吸収や循環を担う、胃や腸といった消化器が弱りきちんと働いていないことで、身体がむくんだり、下痢や身体全体の不調を招いているのです。

このため、体内の水分排出を促す食材や、胃腸の働きをサポートしてくれる食材を摂ることで、この湿邪から脱却できます。

 

■芋類や米で胃腸を活発に

長芋やさつまいもなどの芋類や米は、胃腸を元気にしてくれる食材です。かぼちゃ、ニンジン、きのこ類も同様の効果があります。

また冷たい飲み物や食べ物も、弱った胃腸には、刺激が強すぎるので避けましょう。

 

■豆類などで利尿作用を促す

体内の水分を外に出す働きがある食材も、積極的に食べるといいでしょう。トマト、きゅうり、冬瓜、ゴーヤのほか、大豆や小豆などの豆類も利尿作用があります。

ただし、きゅうりやトマトといった夏野菜は体を冷やす働きもあるため、食べ過ぎには注意してください。

 

■しょうがやにんにくで代謝UPを

身体を温めて発汗を促す食材は、身体全体の代謝を上げて、体内の余計なものを排出してくれます。しょうが、しそ、ねぎ、にんにく、にら、カレー粉などがこれに当てはまります。

どれも香りがよいものばかりで、食欲がなくなっている時にも元気が出てきます。

 

身体に溜まってしまった水分を上手に排出して、元気に夏を迎えたいですね。上記の食材を取り入れ、だるさから脱却しましょう。

 

【関連記事】

嫌いな人No.1に輝く「梅雨に匂いがキツい人」にならない方法7つ

梅雨の時期は要注意!食中毒にならないためのお弁当テク8個

梅雨時は特に注意…健康な食生活ほど「むくみ」の危険性が!

【動画あり】のっぺり顔卒業!立体感と美肌を作る「コンシーラー」術

あらゆる不調がスッと楽に!5分でできる超簡単ストレッチ