プロがそっと明かす…美脚のためには「腹筋を鍛える」ことが超大事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性なら誰しもが憧れるモデルのような美脚。美脚のために筋トレをしたり、リンパマッサージをしたり、日々さまざまな努力をしている方も多いですよね?

そこで美脚王子として、今までに多くの方のために美脚やダイエットのサポート、トレーニングDVDを監修してきた真鍋隆司さんに、美脚になるためのポイントについて伺ってきました。ちなみに、真鍋さんの体脂肪率は5〜7%と驚異的な数値!

真鍋さん曰く、「皆さん、正しいトレーニングをすれば、すぐ美脚を手に入れられますよ」とのこと。これから夏に向けてトレーニングをしたい方、必見です。

 

■1:一番鍛えなければいけないのは腹筋

一生懸命、脚(太もも)のトレーニングをする人が多いですが、実は腹筋の方が大切なのだそう。腹筋が弱いと下肢を支えられないので、必然的に太ももが太くなってしまいます。

そのため、美脚のためには腹筋をする方が効果が出やすいのです。毎日、腹筋を100回すると、みるみるうちに結果が出ますよ。

 

■2:お腹と背中をくっつける

真鍋さんのお話では、「腹筋をしましょう」と言っても、「毎日はできないよ……」と断念する人が多いのだとか。

毎日腹筋するのにハードルを感じるようなら、気づいた時に、お腹と背中をくっつける動作をしてみましょう。お腹を引っ込ませ、お腹と背中がくっつくような感覚です。これを行うと腹筋を動かすことができ、背筋も伸びて気持ちよく、一石二鳥です。

真鍋さんの生徒の中には、ベルトをわざときつく締めている方もいるそうです。面倒くさいと何もしないよりも、まずはできることからスタートしてみてください。

 

■3:ボディメイクにはヨガよりもピラティス

真鍋さんは以前、ダンサーの仕事をしていた時に腰を痛めてしまったため引退し、ヨガのインストラクターの資格を取りました。さらにその後、ピラティスの道へと進んだので、ヨガもピラティスも学んだとのこと。

真鍋さんによると、「ヨガとピラティスは、同じような動作をしているように見えますが、全く異なるものです。何も運動しないよりは、ヨガをするだけでも体によい影響はあります。でも、どちらかと言うと、ヨガはリラクゼーション効果の要素の方が高いので、ヨガだけでは痩せません」とのこと。

ピラティスのように体幹を鍛えるエクササイズの方が、ボディラインに変化が現れてくるそうです。

 

いかがでしたか? 腹筋を鍛えるのが、美脚の近道だなんて目からウロコですよね。筆者もお話を伺ってから毎日腹筋に励んでいます。皆さんも気づいた時に、ぜひ腹筋をしましょう!

 

【関連記事】

※ 一日たった5分!「ラクして痩せたい人」がやるべき3つのこと

※ 特別なことゼロ!スラリと伸びる「黄金美脚」を作るたった3つの習慣

※ 脚の見た目年齢プラス10歳!? 膝上の肉をたるませるNG生活習慣

※ 目からウロコ!ちょこっと意識するだけで美脚に見える簡単なコツ

※ 【動画あり】朝の3分で可能!夜まで「崩れない最強前髪」の作り方

 

【取材協力】

真鍋隆司・・・パワーヨガ・ピラティスインストラクター、ダンサー。ダンス歴18年・ヨガ歴10年・ピラティス歴7年のキャリア。Core Pilates NYC マット初中級クラス認定インストラクター、中国漢方ライフアドバイザーの資格を持ち、健康維持、ストレス解消、ダイエットに効果的なヨガとピラティスを基本に、マンツーマンでレッスンしている。生徒からは「美脚の鬼軍曹」と呼ばれ、活躍中。