プロがアドバイス!顔型別「似合うウエディングドレス」の選び方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月といえばジューンブライド。結婚式シーズンがやってきますね。結婚式を挙げる女性の方の中には、ドレス選びの下見に通っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか? 似合うドレスを選びたいのは当然のこと。しかし、たくさんあるドレスに圧倒されて、何を基準に選んでいいのか分からなくなってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、人気のドレスショップ『フルール・ド・リス』オーナーの豊田浩子さんにご協力いただき、顔型別に似合うウエディングドレスをご紹介します。

 

■1:顔が大きい

豊田さん曰く、「顔を小さく見せるドレスデザインとして、プリンセスラインのドレスが最適です。ボリュームのあるスカートで相対的に顔を小さく見せることができます。ただ、ハイウエストの切り替えのあるドレスは、避けるようにしましょう。スカートの効果が半減してしまいます」とのこと。

さらにベールの使い方を一工夫。大きめベールをふんわりかけると、より顔の大きさを解消することができるそうです。

 

■2:顔が長い面長さん

豊田さんのお話では、「顔が長い面長さんは、深めのビスチェのデザインを選びましょう。デコルテを横に切り、顔、首、デコルテと続く肌色の部分を間延びした印象になることを防ぐことができます。ただし、この深めのビスチェ、ハーフカップのハートカットタイプは避けるようにしましょう」とのこと。

面長さんはイヤリングの使い方を一工夫。エラより長めの存在感のあるイヤリングを選んでみるとよいです。

 

■3:下膨れや丸顔さん

「顔が下膨れさんや丸顔さんは、ネックラインがハートカットなど首周りができるだけ詰まっていないものを選ぶようにしましょう。たったこれだけでかなり見え方が違ってきます。

また、このお顔立ちの方は幼く見えがち。この印象を取り除きたいのであれば、ローウエストのドレスを選びましょう。ただ、あくまでウエストの細さは強調することがポイントです」と豊田さんからアドバイスいただきました。

ネックレスもできるだけ首が詰まって見えないものを選ぶと、より効果的ですよ。

 

■4:四角&ベース型さん

「顔が四角やベース型さんは、ハイウエストを選ぶと上身頃の面積が小さいため、その結果、顔の輪郭が強調されてしまいます。ローウエストのプリンセスラインやAライン、ソフトマーメードなどのスカートのデザインを選ぶことで、フェミニンな印象にすることができます」

男性的イメージが残りやすいこの顔型さん。選ぶ小物も、かっこよさよりフェミニンなものを意識して選んでみてはいかがでしょう。

 

以上、顔のコンプレックス別で、似合う似合わないドレスをお届けしました。結婚式を控えている女性の皆さん、是非参考にしてくださいね。

 

【関連記事】

冠婚葬祭で赤っ恥くらう!非常識だと思われるパールのNGな付け方

※ 【動画あり】メイクだけでは足りない!美人度を上げる「美肩」の作り方

思わず赤面!おしゃれスウェットが超ダサくなるNG着こなし3つ

お腹ぽっこりでも大丈夫!旬の「ペンシルスカート」の着こなし方

OL制服風にならないための「ペンシルスカート」選び方の極意

 

【取材協力】

※ 豊田浩子・・・『フルール・ド・リス』オーナー。元ブライダルヘアメイクのオーナーが、ロンドンやNYでの海外生活の経験を活かし、インポートドレス、ウエディングドレスをリーズナブルな価格で提供。口コミで人気のドレスセレクトショップ。