あなたはどれ?即効で脚をギューンと細くするタイプ別脚痩せ方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

着圧ソックスを履いたり、筋トレをしたり、食事制限をしたり、憧れのモデルがやっているエクササイズを真似したり……。涙ぐましい努力をしているのに、なぜか脚だけ痩せないという方は多いようです。

もしかしたらその痩せない理由は、自分に合わない方法を選んでいるからかもしれません。これでは、いくら頑張ってもスラっとした美脚が手に入らないだけでなく、反対にサイズアップさせてしまうこともあります。

そこで今回は、タイプ別に合った脚痩せの方法をご紹介したいと思います。

 

■あなたはどれ? タイプ別脚痩せ方法

(1)運動経験者に多い”カチカチ脚”

日常的によく運動をする方や、過去に運動をしていた方に多いのが、カチカチに固く筋肉がついたような脚。実はこれ、筋肉ではなく、脂肪と老廃物が筋肉にまとわりついているのだと考えられます。

このような方にオススメなのが、血行を促進させる方法。ボディローションやオイルを塗った後、手やマッサージローラーを使ってじっくりとマッサージをしてください。また、このタイプの方は、筋トレよりもストレッチをするのがオススメです。

(2)プヨプヨ”脂肪脚”

筋肉があまりなく、脂肪がたっぷりついた脚というのは、脂肪を代謝しにくくなっています。つまり、運動をして筋肉量を増やしてあげれば、スッキリとしたメリハリのある脚になれるというわけ。脚を使う運動をしたり、20分以上のウォーキングを取り入れてみましょう。加えて、食事量や食事の内容も見直してみてくださいね。

(3)パンパン”むくみ太り脚”

立ち仕事をしている方だけではなく、座りっぱなしの方にも多いのが脚のむくみ。むくみとは、脚に血液や老廃物が溜まった状態で、放っておくと慢性化しセルライトの原因になってしまいます。むくみ太りしないためには、足首をグルグル回したり湯船に浸かったりするのが効果的です。

 

■やっぱりプロの技はスゴイ! キャビテーションで劇的スッキリ

メスを使わない脂肪吸引ともいわれている”キャビテーション”は、即効性がある痩身法として、近年話題になっています。しかし、実のところキャビテーションの仕組みがわからないという方も少なくないはず。

では、キャビテーションとは、一体どのようなものなのでしょうか?

キャビテーションは、韓国では医療機器として分類される高機能マシンを使い、脂肪細胞を分解するという特徴があります。その分解された脂肪細胞の中から中性脂肪が放出され、それが肝臓で代謝されて、新陳代謝の働きで体外に排出されます。つまり、脂肪細胞自体の数を減らして、痩身効果を得るダイエット法なのです。

そこで、むくみとセルライトに悩んでいた筆者が、『美レンジャー』ライターで痩身サロン『GARICIA』オーナーの清崎汐里さんによるキャビテーションの施術を受けてきました。その感想は、下記のとおり。

キャビテーションを受けているとき、「キーン」という特有な音が聞こえることがあるのですが、これは不要物のある場所のサインなのだそう。そのため、「今アプローチされている」との実感が得られます。

次に使うラジオ波は痛みはほぼなく、脚がポカポカと温まりとても気持ちがよいもの。施術後に鏡を見て、太ももに隙間ができていたのには感動しました。

さらにキャビテーションのスゴイところは、日が経つにつれて効果が出てくるとこ。これは、破壊された脂肪細胞が排出されるのを待っているからだといいます。

その他にも、体質や生活習慣に合った的確なアドバイスをもらえるので、「自力では限界……」という方は、試してみてください。

 

露出が増える夏。梅雨明け後の本格的な夏を迎えるまでに、”自信を持って見せられる脚”になるために参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

1日5分!モミの木ラインをスッキリさせて「3kg減に見せる」技

痩せないアラサー女性は「ここだけ鍛えれば」くびれ消失を防げる!

スイーツを食べる時に「心がけたい5つ」を守ればおブス知らず!

大豆を食べるだけじゃNG!「●●も整えないと効果なし」と判明

※ 【動画あり】朝の3分で可能!夜まで「崩れない最強前髪」の作り方

 

【取材協力】

GARICIA