5分で超簡単!実際に美容師もサロンで行う「寝ぐせ直し」テク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寝る前にきれいにブローしても、朝起きてみると寝ぐせでボサボサ……なんてこと、多々ありませんか? しかも時間がない日に限って、寝ぐせがひどかったり……。

そんな時、どうすれば簡単にきれいに寝ぐせを直すことができるのか、考えてしまいますよね。

そこで今回は、美容室『ACQUA tua』店長の岡元コースケさんに、実際に美容室でプロが行っている、寝ぐせ直しのテクニックを教えていただきました。たった5分で簡単に、誰でもできる直し方をご紹介します。

 

■しっかり髪を乾かしてから寝る

寝ぐせの多くは、水分が残った状態の髪の毛が、乾燥する際にくせがつくことで起こります。

寝相や枕の位置、髪質によっても変わってくるので個人差がありますが、しっかり乾かさなかったり、寝ている間に汗をかいたりすることが原因のひとつです。しっかりと髪を乾かしてから、就寝するようにしましょう。

それでも、寝ぐせがついてしまったら、直すのに必要なものはこの3つ。ドライヤーと霧吹き、 洗い流さないトリートメントです。洗い流さないタイプのトリートメントは、オイルタイプでもクリームタイプでも大丈夫です。

では、その直し方のプロセスをお伝えします。

 

■“地肌”から水を馴染ませる!

大半の方は、一見はねている毛先を濡らそうと思ってしまいますが、実はそこが間違いとのこと。はねている毛先をいくら濡らしても、原因となっている根元がそのままでは、寝ぐせは直りません。寝ぐせ直しは髪ではなく、地肌にアプローチするものであることを覚えてください。

霧吹きで全体を濡らしたら、指先で地肌をまんべんなくこするイメージで揉み込みます。余裕があれば、コームで希望のスタイルの形にとかし、仕上がりをイメージしやすくしましょう。この工程をすると、仕上がりがよくなります。

 

■洗い流さないトリートメントをつける

髪を乾かす前に、洗い流さないトリートメントをつけておくと、ドライヤーの熱から髪を守るだけでなく、まとまりがよくなります。その後、ブラシなどで根元を立たせるように上にあげ、ドライヤーでいつも通りに乾かしましょう。

毛先の寝ぐせは、夜乾かして寝ていればそこまでひどくはなりません。根元を中心にしっかり乾かし、仕上げに軽くブローするようなイメージで行ってください。

 

朝は時間に追われるもの。短時間で確実に寝ぐせを直したいですよね。慣れないうちは時間がかかってしまっても、毎日続けていれば必ず慣れてきます。3つのアイテムとポイントをしっかり押さえて、続けてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ プロの技を盗み見!驚くほど簡単に「髪型がキマる」なるほどなコツ

※ 多くの人が知らない!朝シャンが引き起こす「恐ろしい悲劇」とは

※ スイーツ好きは危険!「頭皮が臭くなる」原因の食べ物はアレだった

※ 髪型変わらなすぎだから!定番ヘアから脱出するためのルール5つ

※ 【動画あり】たるみ毛穴撃退!0円でお手軽「冷却マッサージ」ケア法

 

【取材協力】

※ 岡元コースケ・・・人気美容室『ACQUA tua』店長。美容業界誌から『Ray』『CanCam』など赤文字系雑誌まで幅広く活躍。その卓越した技術で、美容師向けのセミナー、ワークショップなど業界での評価も高く、海外でヘアショーを行うなど勢力的な活動を行う。『ACQUA』史上最年少で店長に就任するなど、数々の記録を樹立する、2010年代を代表する新世代のカリスマ美容師。