すぐ改善しないとヤバイ!塗っても意味ない日焼け止めのNG使用法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心地よい気候に誘われて外に出たくなるこの季節。そこで気になるのが、”日焼け”。ちょっと外に出るだけでも、日焼け止めを塗るというのは、今や常識になりつつありますよね。

とはいっても、ただ日焼け止めを塗っておけばいいというわけではありません。

そこで今回は、よくやりがちだけどやっちゃダメな、日焼け止めの使い方についてお話していきたいと思います。

 

■1:紫外線吸収剤入りの日焼け止めを使う

日焼け止めには二種類あります。一つは紫外線吸収剤が入ったもの、もう一つは紫外線散乱剤が入ったものです。

紫外線吸収剤は、それ自体が紫外線を吸収することで肌に届くのを防ぐのですが、そのときに有害な成分に変わります。そのため、シミやシワ、肌老化といった肌トラブルの原因になる恐れがあります。

それに対して、紫外線散乱剤は、紫外線を反射、散乱させて肌に届くのを防ぎます。紫外線吸収剤より肌に優しいので、日焼け止めを選ぶときは、紫外線散乱剤が入ったものをオススメします。

 

■2:乾燥した肌に日焼け止めを塗る

紫外線散乱剤は脂を吸う性質があるため、肌の乾燥を引き起こします。そして、乾燥は日焼けを促します。

日焼け止めを塗る前は、入念に保湿をしましょう。

 

■3:Tゾーンに重ね塗りをしない

Tゾーンは紫外線を浴びやすく、メイクが崩れやすい場所です。

日焼け止めは、顔の内側から外側に向けて薄く伸ばしてティッシュオフし、Tゾーンに重ね塗りをしましょう。

 

■4:規定量を守らない

日焼け止めには規定量があります。できるだけ薄く塗りたいからといって、少量しか使わない方もいますが、これでは効果が半減して意味がなくなってしまいます。

規定量を確認して正しく使いましょう。

 

以上、おブスになってしまう日焼け止めの塗り方についてお伝えしました。当てはまるものがあった方は、将来のシミ、シワを作らないためにも、早急に改善してくださいね。

 

【関連記事】

ジリジリ強い日差しから徹底的に「白雪肌」を守る方法5つ

寿命があるの!? ちゃんと知っておきたい正しい「日傘の選び方」5つ

一生懸命肌を隠していても日焼けしてしまう意外な盲点とは?

※ 【動画あり】春夏は水使いが重要!崩れにくいベースメイクの裏技

みんな肌をこすり過ぎ!恐ろしい「摩擦ジミ」ができちゃうNG習慣