老けるし太る!「朝食抜き」はみるみるオバサン化することが判明

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは、毎日朝食を食べていますか? 忙しくて食べないという人も少なくないかもしれません。

しかし、実は朝食を抜くと、肌の老化促進を招き、脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。食べる人と食べない人とでは、10年後には見た目年齢に大きな差がついている可能性もあります。

そこで、朝食を食べないと老ける理由と、おすすめの朝食について紹介します。

 

■朝食抜きはなぜ老ける?

“朝食抜きダイエット”という考え方がありますが、美容と脂肪がつきにくい体作りの面からは、朝食は必ず摂った方が良いと言えます。

運動・アロマ・食事から美しい体作りをサポートしている、パーソナルトレーナーの小林麻利子さんに伺ったところ、朝食を食べた方が良い最大の理由は、寝ている間に分泌される成長ホルモンにあります。

人は寝ている間に成長ホルモンが分泌され、傷ついた肌細胞の修復、骨や筋肉作り、脂肪の分解と代謝が行われます。アンチエイジングや、ダイエットを効率よく行うのに欠かせないホルモンが、成長ホルモンです。そんな成長ホルモンをしっかり分泌させるために必要なのが、朝食なのです。

 

■成長ホルモン分泌のカギは朝食

成長ホルモンの分泌促進に欠かせないのが、“メラトニン”という伝達物質です。メラトニンは、朝に合成される“セロトニン”という物質がもととなります。そのセロトニンの合成に有効なのが、朝食に炭水化物や乳製品、大豆製品などをしっかり摂取することです。

セロトニンがたくさん合成されることで、夜になるとメラトニンに切り替わり、成長ホルモンの分泌を促進します。朝食を食べないと、セロトニンの量が増えず、成長ホルモンの分泌量が減ってしまいます。そのため、十分に細胞の修復や脂肪の代謝が行われず、老化や脂肪の増加へとつながってしまうのです。

 

■朝食におすすめなのはやっぱりお米!

朝食に炭水化物や乳製品、大豆製品を摂ることでセロトニンの増加につながります。炭水化物の中でも特におすすめなのは、お米。白米や玄米、納豆やお味噌汁といった朝食が良いです。

パンやパンケーキも炭水化物なので有効ですが、中には、マーガリンやショートニングといったトランス脂肪酸を多く含むものもあります。トランス脂肪酸は摂りすぎるとホルモンバランスを崩し、子宮筋腫や子宮がんなどのリスクを高めるとも言われています。

極端な食べ過ぎやパン中心の偏った食生活は、注意したいところです。

 

朝食を抜くと空腹時間が長くなることから、昼食時に血糖値が急に上がり、脂肪を溜め込もうとする作用も働いてしまいます。朝はバランスを考え、しっかりお米を食べてくださいね。

 

【関連記事】

たったスプーン半分で「たるみ・クマ・シワ」に効く身近な食材とは

※ 【動画あり】春夏は水使いが重要!崩れにくいベースメイクの裏技

今が運命の分かれ道!アラサー女子が摂るべき「赤い成分」とは

ただ食べるだけでは無意味!? コラーゲンを効率的に摂る方法とは

超意外!体重がみるみる減るフルーツの「正しい食べ方」教えます

 

【取材協力】

※ 小林麻利子・・・運動・アロマ・食事のパーソナルトレーニング『Flura』代表。公益社団法人日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター、アロマ空間デザイナー。パーソナルトレーナーとして、20歳から65歳の女性の運動・食事・アロマの個人レッスンを行う。一時的な減量ではなく、女性らしい体が作れる習慣の定着に重きをおく。また定期的にセミナーや講演会の実施、アロマ商品の企画立案など幅広く活動中。