フルーツも要注意!朝食べると「シミができやすく」なる食べ物とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紫外線対策としてビタミンCを含む食べ物を摂り、内側からの美白ケアを意識する女性は少なくありません。

しかし、実はビタミンCをたっぷり含む食材の中でも、朝に食べると逆にシミができやすくなるものがあります。知らずに毎朝食べていると、夏が終わるころには、シミがたくさんできているなんてことも……。

そこで今回は、朝に摂りすぎるとシミができやすくなる成分と、注意点について紹介します。

 

■紫外線を吸収しやすくする成分“ソラレン”

紫外線対策として思いつく食べ物は、レモンなどビタミンCたっぷりの果物や野菜。確かにビタミンCにはシミの原因となる、メラニンの生成を抑制する働きや、メラニン色素を還元する効果が期待できるので、美白対策にはピッタリの成分です。

しかし、ビタミンCを多く含む果物や野菜には注意したいポイントもあります。ビタミンCを豊富に含むレモン、グレープフルーツ、オレンジといった柑橘系の果物の多くには、“ソラレン”という成分が含まれています。

実はこのソラレン、摂取すると紫外線を感じやすく、吸収しやすくなるという性質を持っています。柑橘系の果物以外にも、きゅうり、パセリ、セロリ、ニンジンといった野菜にも含まれます。

朝食にたくさん果物を食べる人、ソラレンを含む食材を使用したグリーンスムージーを飲んでいる人は、日焼け止めや日傘、サングラスなどでしっかりと対策をしなければ、紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。

 

■食べ物で効果的に紫外線対策をするコツ

ソラレンを含む食材は、朝食べると外出時に紫外線を吸収しやすくなるとご紹介しましたが、食べてはいけないというわけでは決してありません。特にビタミンCを多く含む果物や野菜は、積極的に摂取したいところです。

ポイントは、食べるタイミング。ソラレンは摂取してから約8時間程度で、代謝されると言われています。夕食時に摂取すると、朝には代謝されるので、柑橘系の果物やソラレンを含む野菜は、夜食べるのがおすすめです。

朝の美白対策としては、比較的ソラレンが少ないトマトがおすすめ。トマトに含まれるリコピンには、抗酸化作用があり、メラニン生成を促進する活性酸素を取り除く働きがあります。また、代謝促進効果も期待でき、ダイエットにもピッタリです。

 

このように、紫外線対策に効果的とされる食材も、逆効果を招く可能性があります。食べ方や量、食べる時間を意識して内側からの美白対策を行ってくださいね。

 

【関連記事】

たったスプーン半分で「たるみ・クマ・シワ」に効く身近な食材とは

ここまで体にいいとは!「夏トマト」を食べるべき6つの理由

低カロリーでビタミンCがレモン並み!今が旬の意外な野菜とは

身近な「あのスパイスを足す」だけで!一瞬でダイエット食に変換

※ 【動画あり】春夏は水使いが重要!崩れにくいベースメイクの裏技