流行のワントーンコーデが「ダサくならない」ちょっとしたテク4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年の秋頃から継続して流行中の”ワントーンコーデ”。トップス、ボトムスの色を合わせるだけで、大人っぽく洗練されたオシャレ上級者に見えるところがいいですよね。

しかし、単に同じ色のアイテムを合わせればいいというわけではありません。これでは、単調でのっぺりとした印象になってしまいます。

そこで今回は、ワントーンコーデを成功させるちょっとしたテクニックについて、お話していきたいと思います。

 

■1:異素材MIXでメリハリをつける

トップスとボトムス、同じ色でも素材が違うだけでメリハリがついたり、なんとなく色が違って見えたりします。

レザーやニット、透け素材、光沢素材などさまざまな素材があるので、上下で違うものを取り入れ、単調になるのを防ぎましょう。

 

■2:肌の色を活かす

ワントーンコーデをする時、肌の露出が少ないと服の印象ばかりが強くなって、やりすぎ感が出てしまいます。

例えば、手首や足首、デコルテを見せるだけで肌色が活きてワンポイントになりますので、あえて露出を増やしましょう。

 

■3:アクセントカラーを取り入れる

ワントーンコーデに初挑戦する、全身同じ色は勇気がいるという方は、差し色になるカーディガンやシャツを肩に掛けたり、腰に巻いたりするのがオススメです。

その他にも、ベルトやストール、アクセサリー、バッグ、靴のどれかにアクセントになる色を取り入れるのもいいですよ。流行りのオールデニムスタイルに挑戦するなら、イエローのパンプスが映えます。

 

■4:濃淡を利用する

それぞれのカラーには、濃淡がありますよね。この濃淡を利用することで、スタイルに立体感が出ます。まず、上半身をカバーしたい場合には、トップスを濃い色、ボトムスを淡い色にするとよいです。

一方、下半身をカバーしたい時には、トップスを淡い色、ボトムスを濃い色にし、上半身の時とは逆にしましょう。

他にも、顔を小さく見せたい、肩幅を華奢に見せたいという場合は、濃い色のカーディガンを肩に掛けるとよいです。お腹周りをカバーしたいという時は、濃い色のカーディガンを腰に巻くと、コーデが立体的に仕上がります。

 

ワントーンコーデを失敗させないためにも、上記のテクニックを活用してみてください。「ワントーンコーデがイマイチ決まらない……」という方は、早速取り入れて日々のファッションを楽しみましょう。

 

【関連記事】

まるで貞子!? 流行の黒髪が「野暮ったくならない」ための心得

※ 【動画あり】春夏は水使いが重要!崩れにくいベースメイクの裏技

プロデューサー巻き以外も!おしゃれに見えるカーディガン巻き5つ

ズボラすぎて痛い女に!間違いだらけのストッキングの取り扱い方

「1本たった2分」で完成!本格的なネイルアートを楽しむ裏ワザ