毎日洗うor洗わない?1日履いた不潔ストッキングが招くトラブル

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今や社会人女性としてのマナーとも言われている、ストッキング。あなたはストッキングをどのくらいの頻度で洗濯していますか? 

ストッキングは通気性が悪いことで知られ、ストッキングを履いた足は、水虫にとって恰好の生育環境です。そんな水虫を呼び込まないためにも、ストッキングのケアについて考えてみましょう。

 

ストッキングは通気性が悪いことで有名

ご存じのとおり、水虫は白癬菌という菌が原因です。靴の中は温度も湿度も高くなり、そんな高温多湿の環境は、菌が最も繁殖しやすい条件。さらにストッキングを履いていると、ストッキングは通気性が悪い商品なので、湿度がもっと高くなりやすく環境が悪化してしまいます。

つまり、ストッキングを履いた女性の足は、水虫を毎日呼び込んでいるようなもの。梅雨時だったら、ますます水虫の温床を増やしてしまいます。

 

毎回洗わない女性はヤバイ

ストッキングの洗う頻度ですが、多くの女性は、1回使用したら、必ず洗濯しているかもしれません。ただ、中には、2~3回使用後という方もいるのでは?

先に紹介したとおり、一日中履いたストッキングの足元は、水虫菌がついている可能性も高く、毎回洗うのはマストです。「臭ってきたから洗おう」とか「汚れてきたら洗えばいい」という考えはNG。

肌に直接つけるものですから、下着や靴下と一緒。靴の中は、冬であろうと夏であろうと大量の汗をかいており、これを毎回洗わないのは、水虫予防という考えを抜かしてもおすすめできません。

 

ストッキングの洗濯方法

デリケートですぐに伝線してしまうストッキングは、手洗いが一番です。でも面倒なときは、網の目が細かい洗濯ネットの中に入れて、洗濯機で洗ってあげましょう。

ストッキングの素材は熱に弱いため、熱いお湯で洗濯したり、直射日光が当たるところに干すのは避けましょう。

また帰宅したらすぐにストッキングを脱いで、特に足の指と指の間を念入りに、石鹸で洗うように心がけるとよいですよ。

 

これからの季節は、特に足がムレやすい時期。ストッキングを履くのも億劫になりがちですが、ビジネスマナーともされるので家ではしっかりケアして、つるすべ足を保ちましょう。

 

【関連記事】

ズボラすぎて痛い女に!間違いだらけのストッキングの取り扱い方 

「かかとのガサガサ」がもたらす男性のドン引きポイント3つ 

生脚は男性ウケがいい?30過ぎの女性が勘違いしてること 

足から強烈なニオイ!女性の50%が「足クサ」に悩んでいると判明

※ 【動画あり】春夏は水使いが重要!崩れにくいベースメイクの裏技