ほんのちょい足しで驚きの差!普段のシャンプーで艶髪になる裏技

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今使っているシャンプーにあなたは満足していますか? もしそうでないとしても、普段使用しているシャンプーにあるものをプラスするだけで、仕上がりに驚くほど違いが出てくるかもしれません。

シャンプーを新しいものに変えてみる前に、まずはその裏技を試してみてはいかがですか? 早速、そのあるものを紹介していきます。

 

■1:ハチミツをプラス

シャンプーするときに大さじ1杯程度のハチミツを加え、後は普段どおりに髪を泡立てて洗い、お湯で流します。ハチミツにはビタミンやミネラル、アミノ酸が豊富に含まれ、これらが傷んだ髪をやさしく洗い上げるのに役立ってくれます。またハチミツには殺菌力もあるため、地肌が敏感になっているときにも最適です。

シャンプー同様、洗顔フォームや石鹸を泡立てたときに、ハチミツをプラスして使用することもおすすめです。

 

■2:エッセンシャルオイルをプラス

お風呂に入るという行為は、汚れと一緒に一日の疲れを洗い流す、癒しの時間です。そんなヒーリング効果をシャンプーで高められるのが、エッセンシャルオイル。

シャンプーに好みのエッセンシャルオイルを1滴プラスするだけで、バスルームがその香りに包まれて、気持ちのよい空間になります。

またローズマリーには血行をよくし、ラベンダーやカモミールには肌湿疹などにも効果があるとされているため、香りだけでなくプラスアルファの効用があり、髪の指どおりもよくなります。

 

■3:炭酸水をプラス

炭酸水に含まれる二酸化炭素が油脂を溶かすため、詰まっていた毛穴の汚れが落ちやすくなります。やり方はペットボトルなどに、炭酸水30mlほどとシャンプーを加え、ボトルを振って泡立てます。その後、髪につけて指で洗うだけ。

毛穴の汚れが一掃されれば地肌の血行がよくなり、健康で元気な髪が生えてきます。薄毛に悩む方にもおすすめです。

 

■4:ビールをプラス

ビールのたんぱく質が髪の毛に働きかけ、しっとりやわらかな髪になります。使い方は、炭酸水のときと同じように、ビールにシャンプーを加えて泡立てたものを髪につけて洗います。

効果を最大限に引き出すためには、麦芽、ホップ、水とシンプルな原料で作られているビールを使うのがおすすめです。

 

ここで紹介したものは、シャンプーだけでなくリンスやトリートメントにプラスしたり、シャンプー後に単体で髪になじませ、髪を補修させるという使い方もできます。

いずれも口に入れても平気なものや天然のものですから、身体への害をあまり心配せずに、安心して試すことができますね。

 

【関連記事】

残り湯はダメ!「髪にゴミをつけている」今すぐやめるべきNG習慣 

30~40女性の7割が悩む「髪のゆがみ」が起きる理由と解決策 

ノンシリコンは時代遅れ!? 今大流行中の「オイルシャンプー」とは 

※ 【動画あり】顔型別にコツあり!あか抜けポニーテールで小顔になる

デカ目効果が得られる!1日たった5分「頭の3カ所」を揉むだけ