男性陣メロメロ!「目元の黄金比率」に近づける美人度UPメイク術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

”美人”と言われる顔には、黄金比率があります。その比率に近づければ、グッと魅力的な顔になれるのですが、そのためにメイクを工夫したことは、ありますか? 

恐らく、「ちょっと大変そう……」などの理由から、試したことがない方が多いのではないでしょうか。でも、アイメイクだけならできそうだと思いませんか? 顔の中でも最も印象に残る”目元のバランス”が良くなれば、美人度は急上昇します。

それでは早速、目元の黄金比率に近づけるためのメイクポイントをマスターしちゃいましょう。

 

■目元の黄金比率とは?

(1)目の縦幅と目の横幅の比率が1:3

(2)目の縦幅とまぶたの幅の比率が1:1

目元の黄金比率は、シンプルで覚えやすいですよね。しかも、いつものメイクアイテムを使って、簡単に黄金比率に近づけることができるので、試さないのはもったいない。

そこで次に、目元の黄金比率に近づけるためのメイクポイントをご紹介します。

 

■縦幅と横幅の比率を近づけるメイクテク

まず、縦幅と横幅の比率です。まつげの生え際から黒目の下までの縦幅が1なのに対して、目頭から目尻までの横幅が3になるようにメイクをします。そのときのポイントは、下記のとおり。

(1)横幅が足りない

目尻側のアイラインを、いつもより長く引いてください。

(2)目尻側が細い形の目

目尻側に縦幅を出すために、目尻には幅広にアイシャドウをのせてください。一番縦幅がある位置に合わせると良いのですが、濃い色だと不自然になってしまうので、肌馴染みがいいブラウン系のアイシャドウを使いましょう。

 

■まぶたの比率を近づけるメイクテク

続いて、縦幅とまぶたの幅です。まつげの生え際から黒目の下までの縦幅が1なのに対して、眉下からまつげの生え際までの幅が1になるようにメイクをします。

(1)まぶたの幅が広い

黒目の上は、やや太めにアイラインを引きます。その後、まつげをしっかりとカールさせ、まぶたの幅を狭く見せると良いです。

(2)まぶたの幅が狭い

ナチュラルブラウンのアイブロウを使い、眉の印象を和らげます。まつげのカールは緩めに、自然に仕上げます。その後、眉頭、眉尻の下に、アイボリー系のハイライトを入れ、涙袋には、アイボリーやベージュのアイシャドウをのせ、目の下にも印象を持たせます。

 

目元の黄金比率に近づけるためのメイクポイントをお伝えしました。黄金比率に近づけて美人な目元になれば、見つめられた男性陣は、メロメロになっちゃうかもしれませんよ。

 

【関連記事】

【動画あり】和顔が「色気と立体感のある顔」に変身する!メイク術

【動画あり】メイクテクがグ~ンとUPする最強アイテムと使い方

実はバレバレ!男性に「メイク濃いな」とギョッとされるNG例3つ

太って見えちゃう「モリッとふくれるほっぺ」をなくす奇跡のテク

年齢以上に老けた印象に!怖い「目の下のたるみ」を作るNG習慣