知らなかった!うっかりやりがちな「間違った日焼け対策」5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気温が25度を超え、夏日になる日も増えてきているこの頃。それと同時に、紫外線が強くなってきましたね。『美レンジャー』読者のみなさんは、きっと毎日、念入りなUVケアをされていることでしょう。

しかし、ちゃんと日焼け対策をしているつもりでも、うっかり紫外線のダメージを受けてしまうことってありますよね。今回は、そんなやりがちな間違った紫外線対策、UVケアを5つ確認していきましょう。

 

■1:メイク直しの粉にUVカットが入っていない

ファンデやおしろいに、UVカット剤は入っていますか? 朝しっかり日焼け止めを塗ったり、UVカット効果のある下地を使っても、汗や皮脂でメイクが崩れた状態の肌は、紫外線を浴びてしまいます。

メイク直しに使うファンデやおしろいは、UVカット効果があるものを選びましょう。

 

■2:顔とボディに同じ日焼け止めを使っている

顔用とボディ用の日焼け止めの違いは、主に伸びのよさ。顔用は下地効果のため、肌を均一にしてくれるタイプ。ボディ用は塗る面積が広いので、伸びがよく、なじませやすくなっています。

ボディに顔用を使ってしまうと、伸びにくくムラになってしまうことも。顔用とボディ用は分けて使いましょう。 

 

■3:日焼け止めを薄く伸ばして塗っている

日焼け止めを薄く伸ばすのがよいと思っている人もいるようですが、それは間違い。ムラなく塗ってしっかりブロックするために、惜しみなく使うようにしましょう。汗をかいたら塗り直しも忘れずに。

 

■4:安いサングラスを愛用している

目からの紫外線ダメージを防いだり、皮膚の薄い目元のシミを防ぐためにも、春夏のサングラスは必須。しかし、安価なサングラスは色がついているだけで、紫外線カット効果がないものもあります。

紫外線カット効果があるかどうか、表示を確認して購入しましょう。 

 

■5:髪のUVケアをしていない

髪は体の中で一番太陽に近く、紫外線のダメージを受けやすい場所。髪が日焼けすると、キューティクルが剥がれてパサついたり、頭皮の日焼けは血行不良の原因にもなる恐れがあります。

髪用の紫外線スプレーなどを使って、髪のUVケアもマストに行いましょう。

 

うっかり紫外線のダメージを受けないように、ご紹介したUVケアの5つのポイントを見直してみてくださいね。

 

【関連記事】

脚の見た目年齢プラス10歳!? 膝上の肉をたるませるNG生活習慣

健康な食生活をしている自覚のある人ほど陥りがちな落とし穴とは?

魚卵や卵は避けて!ダイエット中にNGな「太りやすい」寿司ネタ

※ 【動画あり】春夏は水使いが重要!崩れにくいベースメイクの裏技

潔癖だと老けやすい!科学者が警鐘を鳴らす「洗顔の誤解」3つ